TOP > iPhone > iPhone Accessory > This Entry
iPhone

外れにくくて防水。運動時に活躍する『Ecandy BluetoothイヤホンV4.1』が安くておすすめ

Ecandy Bluetoothイヤホン見た目

先日のAmazonプライムセールでBluetoothイヤホンを購入しました。

以前は音飛びや音質が心配でBluetooth製品に抵抗がありましたが、以前レビューしたOMAKERのBluetoothスピーカーを使ってみてBluetooth製品の良さがわかったのでイヤホンも買ってみることにしました。家事をする時やランニングなどの運動をする時にコードがあると不便なんです。

今はiPhoneの純正イヤホンもBluetoothイヤホンになっています。うどんみたいと言われていますが。いくら香川出身だからと言っても耳からのうどんには少し抵抗があります。そこでBluetoothイヤホンを探していた時にセールで発見したEcandyというメーカーのBluetoothイヤホンを試しに買ってみました。価格は2000円を切っていましたが、レビューが好評だったので。

使い心地などを早速レビューします。

Ecandy BluetoothイヤホンV4.1 レビュー

EcandyBluetoothイヤホン商品箱

いつものAmazonダンボールを開けると商品はこんな感じの箱に入ってます。

EcandyBluetoothイヤホン内容物一覧

箱の中身はこんな感じ。説明書と充電用USBケーブルとイヤホンの箱が入ってます。説明書は日本語表記もあります。

EcandyBluetoothイヤホンケース

イヤホンの箱を開けるとイヤホンケースが入ってます。黒と赤の組み合せがいい感じです。

EcandyBluetoothイヤホンケース中身

イヤホンケースの中にはイヤホン本体とイヤーピースのSサイズとLサイズが入っています。私は最初から付いているMサイズで使えました。

EcandyBluetoothイヤホン見た目

イヤホンの見た目はロゴなど何も入ってなくてシンプル。妙なロゴが入ってるのは嫌なのでありがたい。Amazonの商品写真にはロゴがありましたが、実際はロゴは入っていませんでした。イヤホンは黒でイヤーピースが赤です。コードの長さは55cmで首にかけてちょうど邪魔にならないくらいの長さです。

EcandyBluetoothイヤホンiPhoneペアリング設定

ペアリングは電源を入れてiPhoneのBluetoothをオンにして「Q9」を選択すると完了です。接続範囲は最大10mまでです。

EcandyBluetoothイヤホンコントロールボタン

右側のイヤホンにコントロールボタンがあります。イヤホンを付けたまま操作するのは少し慣れが必要です。

ボタンはプラスボタンとマイナスボタンに真ん中が電源ボタンの3種類。

電話の応答もこのイヤホンでできて通話も対応しているところもありがたい。通話は少し音がこもるような感じになりますが、充分使えます。

コントロールでできる事は以下の通り。

電源オン電源ボタン3秒長押し
電源オフ電源ボタン3.5秒長押し
ペアリング電源ボタン6.5秒長押し
電話をとる着信中電源ボタンを1 回
通話終了通話中電源ボタンを1回
電話拒否着信中電源ボタン長押し
リダイヤル電源ボタン2回
マイクミュートプラスボタンとマイナスボタンを同時押し
一時停止・再生オーディオモードで電源ボタン1回
音量プラスボタン・マイナスボタン
曲のスキッププラスボタン・マイナスボタン長押し

EcandyBluetoothイヤホン充電用端子

充電口はコントロールボタンの下側にあります。

EcandyBluetoothイヤホン充電やり方

こんな感じでケーブルをつないで充電します。充電中は赤のLEDが点灯し、充電が完了すると青のLEDに変わります。充電時間は約2時間程度。

実際に使ってみた感想

コードが繋がれていないのはやはり便利です。ジムでのトレーニング時やランニング時に邪魔だったのが解消されました。

耳に引っ掛ける構造になっているため、少々激しい運動をしても外れる事はありません。iPhoneの純正はなくしやすいですが、このイヤホンならその心配はありません。あと、防水になっているので運動した時の汗や雨の時の運動でも安心して使えます。

続いて気になる音質。重低音は確かに出ていますが、思っていたほどではなく音だけで言えば以前紹介したイヤホンの方が良いと感じました。

それでもiPhoneの純正イヤホンと比べると断然音がいいので、Bluetoothイヤホンでこの価格なら充分満足です。音漏れがないので電車の中でも安心して使えます。バッテリーの持続時間は約5時間程度です。

Bluetoothのペアリングは素早く繋がるのでストレスはありません。接続範囲は10mまでとなっていて少々離れていても問題なく繋がります。近くにいる時は音飛びは一切発生しませんが、少し距離が離れているとたまに音飛びが発生します。そこはOMAKERのBluetoothスピーカーと比較すると弱い感じもしますが、そこまで離れて使う事はほとんどないので気になる事はありません。

まとめ

本格的な音質を求めるならおすすめしませんが、手頃な価格でBluetoothイヤホンを試してみたい人には満足できるイヤホンだと思います。特に運動をする人におすすめです。

いい所
  • 運動してもイヤホンが外れない
  • 音漏れがない
  • ロゴがなくシンプルなデザイン
  • 雨でも使える
気になった所
  • 慣れるまではコントロールボタンが扱いにくい
  • 電池があまりもたない
  • 距離が離れていて障害物があると音飛びが発生する時がある

音質を追求するとキリがありませんので私は充分満足しています。コードが繋がれていないのがこんなに便利だとは思いませんでした。もう普通のイヤホンは使えそうにないです。

これでますます家事に精を出す事ができそうです。

Click to Copy Title & URL
最新記事をチェック
follow us in feedly

Recommend

スマホ表示に切り換える
The Path
Copyright © The Path 2012-2017.