TOP > Web > カスタマイズ > This Entry
Web

キュレーションサイトに自分のブログの写真をPinterest経由で使用されるのを防ぐ方法

pinterestのピンを防ぐ方法

Welqをきっかけに最近何かと話題になっているキュレーションサイト。

信憑性のない記事を書くだけでなく、他人の文章を盗用したり、画像を無断使用したりと、やりたい放題の様子。

無断使用の場合は、請求書を送れば応じる事もあるみたいですが、その手口は巧妙になっていて、Pinterest(ピンタレスト)を使ったりしてグレーゾーンをうまくついてきています。

例え、違反になっていなくても、こういうサイトに自分のお気に入りの写真を使われるのは、感情としてあまり気持ちのいいものではありません。

やはり、自分が手塩にかけた大事な記事は守りたいものです。自分のブログからPinterestにピンされないようにしておく方法があるので、気になる人は設定しておきましょう。

ブログ内の全ての写真のピンを防ぐ方法

ひとつは以前紹介したhead内に以下のmetaタグを書く方法です。


<meta name = "pinterest" content = "nopin" description = "申し訳ございません。ピンすることはお断りしております。" />


ブログ全体のピンを防ぐ方法

ピンしようとすると、このようなダイヤログが出てきてピンすることができません。descriptionの文章を変更し、自分の好きな文章を設定する事もできます。

この記述をしておくと、ブログ内の全ての画像のピンを防ぐ事ができます。ただ、Pinterestを純粋に使って楽しんでいるユーザーにはがっかりさせてしまうかもしれません。

ブログ内の一部の写真のみピンを防ぐ方法

もうひとつが画像のパスに以下のタグを追加する方法。



このタグを画像のパスに含めると、その画像のピンを防ぐ事ができます。特定の写真のみピンを防ぎたい時に使うと便利です。先ほど紹介したmetaタグを記述していなくても、このタグの追加だけでできるので簡単です。

例をあげるとこんな感じになります。


<img alt=""
src="画像のURL" 
width="700" height="468" nopin = "nopin" />


一部の写真のピンを防ぐ方法

ピンしようとすると、このようなダイヤログが出てきます。

全体でピンを防ぐかどうかは悩ましいところ。全体でピンを防いでしまうと、Pinterest経由でのアクセスの期待はできなくなります。もともとPinterest経由のアクセスを気にしない人には関係ないかもしれませんが。

まとめ

Welpを含むDeNAの運営サイトはほとんど閉鎖しましたが、キュレーションサイトはどこも似たり寄ったりです。

無断使用と違って、Pinterest経由で使われると請求することもできません。自分で対策できる事はやっておきましょう。

ただ、この設定をしていたとしても、別の方法を使ってPinterestにアップされたら防ぐことはできません。結局のところ、やろうと思ったらいくらでも抜け道はあるんですが、気休め程度にはなるかと思います。

Click to Copy Title & URL
最新記事をチェック
follow us in feedly

Recommend

スマホ表示に切り換える
The Path
Copyright © The Path 2012-2017.