TOP > Life Style > 考え方 > This Entry
Life Style

父の日に思う事

今日は父の日でしたね。

自分は今日は仕事で家にはいないので父親としての父の日らしいイベントはなかったです(涙)

けど、父の日って事で思う事があったので書きました。

子供として

自分が子供としての立場で父の日をしようと思っても実は僕にはもう父親がいません。

私が30歳の時に亡くなりました。突然の死だったので、それこそ実感がなかなか湧いてこなかったですが、だんだんと実感してくるようになりました。特にこういうイベントの時に感じてしまいます。

自分は高校を卒業するとすぐに家を出て行って他の所で暮らしてました。それから実家に帰るのは時々でした。

父は真面目な人で家族の事を1番に考えてくれる人でした。自分はどうしようもないタイプだったのでいろんな事で迷惑をかけたりしました。

親孝行らしい事もした事はほとんどないけど、結婚して孫を見せてあげれたのは唯一よかったなぁと思ってます。

正直もっと親孝行らしい事をしたかったし色々な話をしたり、酒をいっしょに飲んだりしたかったですね。正直後悔してます…

って事で今父親がまだ健在な人は今のうちにできるかぎりの事はしておいた方が後悔しなくていいと思います。自分も父親がそんなに早くいなくなるとは思ってもみませんでした…

昔の人が言った「親孝行したい時には親はなし」っていうのは本当に当たっていると思います。

父親として

先日のブログ記事に子供といっしょにいる時間は限られてると書きましたが、冷静になって考えてみると自分が18歳の時に家を出たのを考えれば、本当にあと少ししかないんだなぁと思いました。

関連記事↓ 家庭と仕事と趣味のバランスについて子育てが少し落ち着いた今だから言えること!|The Path

昨日蛍を見に子供と行ったのですが、その時に昔自分も父親に連れられて行ってたなぁと思い出しました。父との事で思い出すのはやっぱり何かを買ってもらったとかではなく、いっしょにどこかに出かけた事を思い出します。

なので、子どもともっといろんな所に出かけるようにしたいなぁと思いました。

さいごに

父の日って事で考えた事を書きましたが、ようは後悔しないように生きていきたいって事です!

あまりできてないのでここに書く事で頑張っていきたいです。

最後に父親には本当に感謝してます。自分もそう思われるような父親になっていきたいと思います。

Click to Copy Title & URL
最新記事をチェック
follow us in feedly

Recommend

スマホ表示に切り換える
The Path
Copyright © The Path 2012-2017.