TOP > Tech > Webサービス > This Entry
Tech

ブロガーにおすすめしたいアイデアの発想に使える『Pinterest(ピンタレスト)』の使用例

Pinterest(ピンタレスト) 使用例

以前から日本でも流行ると言われつつ広まらないPinterest(ピンタレスト)。海外では多くのサイトにピンボタンが設置されていて割とポピュラーなWebサービスです。

Pinterestは簡単に言うと画像を収集して保存し共有できるサービスです。画像関連のサービスといえばInstagramが真っ先に思い浮かびますが、Instagramはオリジナル写真の投稿しか規約で認めていないので、Web上の画像を収集するピンタレストとは異ります。

こういうと一見あまり使えそうにないと思うかもしれませんが、実はPinterestは使い方によってはかなり便利なWebサービスです。今回は私がどんな感じで使っているかご紹介します。

Pinterest(ピンタレスト)の概要と使い方

Pinterestはボードにお気に入った画像を貼っていくイメージです。画像を保存する事を「ピンする」と言います。すでにPinterest上にあるピンを保存する事を「リピンする」と言います。

使い方はまずボードを作成し、Webサイトで見つけた気になる画像を保存するだけのシンプルさ。

Pinterest(ピンタレスト) iPhoneから保存

Chromeからは簡単にピンする事ができる拡張機能もあり、iPhoneからはApp Extensionで簡単に保存する事ができます。Web上の画像だけでなくカメラロールの写真もピンする事ができます。

Pinterestはいくらでも使えるというわけではなく、保存できるピンや作成できるボード数に上限が設定されています。

  • ボード・・500
  • ピン・・200,000
  • ライク・・100,000

ボード単位でフォローできるので、自分の興味のあるボードだけをフォローする事ができます。ユーザー単位でフォローしてしまうと興味のないボードのピンまでタイムラインに流れてくるので、ボード単位でのフォローをおすすめします。ちなみに、Pinterestのユーザーの8割が女性です。

Pinterest(ピンタレスト)の具体的な使用例

私が実際にPinterestで作成しているボードをいくつか紹介します。使い方の参考にどうぞ。

Webデザインの参考に

ブログのデザインを変えたくなった時、色々なWebサイトのデザインを参考にするために使っています。デザインのいいサイトは見ているだけで楽しいですね。

インスピレーションを得るために

仕事でデザインを考えなければいけない場合があり、そういう時のインスピレーションを得るために使っています。優れたロゴやグラフィックデザイン、名刺などをピンしています。

ピンタレストにはクリエィティブな画像が多い印象です。

そういえば、オリンピックロゴで話題になった佐野さんもPinterestを使っていたらしいですね。

ヘアスタイルの参考に

割とよく使うのがこのボード。美容院に行く前にどんな髪型にしようかと思った時の参考に使っています。Pinterestはピンから保存した画像のサイトへアクセスできるので便利です。

ファッションの参考に

ファッションと言えばWEARが有名ですが、Pinterestは海外のファッションが多く、参考にしています。

iPhoneホーム画面の参考に

iPhoneのホーム画面を見るのが好きなので、暇な時に覗いて参考にしています。常に使いやすいホーム画面を目指しています。ホーム画面の追求に終わりはありません。自分のホーム画面の記録用としても使っています。

好きなアーティストの画像を保存

お気に入り音楽アーティストの写真を集めています。海外アーティストのロゴやジャケットのデザインは参考になります。

使っているうちに投稿が偏ってきたら新たにボードを作成し、そちらにピンを移動する事もできます。このMusicのボードも最初はいろいろな音楽アーティストを保存していましたが、安室さんの画像が多くなってきたので別にボードを作成して分離しました。

このように、最初はあまり深く考えず保存していき、同じ系統の画像が多くなってきたら新たにボードを作成すればいいと思います。

ブログの写真を保存しアクセスの誘導に

自分のブログで使った写真をボードにまとめています。Pinterestはピンからサイトへの誘導にも使えます。このブログでもPinterest経由でのアクセスも割とあります。

Pinterestはそのリピンの仕組みから、クオリティの高い写真をピンしておくと拡散されやすい傾向にあります。Twitterのような瞬発力こそないものの、投稿が流れにくく、長期的に効果が持続する感じです。ブログをやっている人は取り入れていて損はありません。

私はブログ用にはひとつのボードしか作成していませんが、ブログのカテゴリーごとにボードを作成しておくといいかもしれません。例えば、ガジェットのボードや文房具のボードなどを作成しておくとその分野に興味のある方からのアクセスが期待できます。ただし、写真のクオリティには気を使いましょう。

他にも欲しい物を集めたボードや癒される動物のボード、気になった食べ物のボードなどを作っています。

Pinterestの良い所

関連画像が優秀

Pinterest 関連画像

Pinterestの本領が発揮されるのは関連画像を次々に表示してくれるところ。ピンを選択すると、そのピンに似た画像を一覧表示してくれます。このアルゴリズムが優秀で関連画像から思わぬデザインに出会いアイデアを思いつく事があります。

収納やライフハックなどで検索してみると次々と新たなアイデアを発見する事ができておすすめです。

ブログの写真をピンしておく事で、この関連画像に表示されるため、フォロワーだけでなくより多くの人の目に届く事になります。このようにPinterestの拡散力はTwitterのような瞬発力はなくても侮れません。じわじわと効いてくる感じです。

特定の箇所の関連画像を表示するビジュアルサーチが便利

画像の中の一部をズームし、その箇所の関連画像を検索できる機能もあります。

Pinterest(ピンタレスト) ビジュアルサーチ 使い方

ビジュアルサーチの使い方は、虫眼鏡の部分をクリックし、気になる箇所にカーソルを移動すると、その部分の関連画像を表示してくれます。例えば、上の写真のようにフッターのデザインが気になれば、そこに虫眼鏡を合わせるとフッターの関連画像を拾ってきてくれます。

シークレットボードが設定できる

あまり人に見せたくない画像を保存しておく場合に便利なのがシークレットボード。自分だけしか見えないので安心して保存する事ができます。

自分だけにしか見えないからと、あまりセクシーすぎる画像は削除される場合があるので節度をもって保存するようにしましょう。

あまりに悪質な場合はアカウント自体を削除される可能性もあるため注意が必要です。不適切な画像の削除警告3回でアカウント自体削除になってしまいます。

シークレットにしているボードを公開に変更する事はできても、公開しているボードをシークレットに変更する事はできないのでご注意を。シークレットにするためには、ボードを作成する時点で設定しておく必要があります。

共同でボードに投稿できる

ボードに招待すると複数人でボードを管理する事ができます。

チームでアイデアを考える時や企業やメディアとしてPinterestを運用していく時に便利です。いっしょにボードを管理する相手に招待メールを送り、相手が承認する事で可能になります。

簡単に法人向けに変更できる

Pinterest リッチピン アプリ

個人アカウントから法人アカウントに簡単に変更できます。法人アカウントに変更すると、アナリティクスが使えたり、リッチピンが使えるようになります。アナリティクスを使うとどのボードがよく閲覧されているかわかるようになります。

リッチピンとは、アプリをPinterest上から直接ダウンロードできたり、映画の出演者情報など詳細情報を表示できるピンです。

現段階では

  • アプリピン
  • プレイスピン
  • リーディングピン
  • プロダクトピン
  • レシピピン
  • ムービーピン

の5つ。

設定するにはmetaタグにコードを挿入する必要があります。特にアプリ開発者はアプリピンを設定しておくといいかもしれませんね。

詳細はこちらを参考に。

自分のブログの画像をピンされないようにする方法

Pinterestはサイトの画像を保存できて便利ですが、自分のブログの画像をピンしてほしくないという人もいると思います。その場合にしておく設定を紹介しておきます。



このmetaタグをhead内に設置しておくと、ブログを閲覧している人がPinterestに保存(ピン)しようとした時に警告が表示されるようになり、ピンする事ができなくなります。

ブログでのプライベートな写真を共有されたくない人はこの設定をしておくといいでしょう。

まとめ

ある意味ではGoogleで検索するよりも捗ります。私自身Pinterestだけでなく最近はTwitterやInstagramなど各サービスごとに検索する事が多くなっています。

Googleの検索だけに頼らず色々なサービスで検索してみる事をおすすめします。特に最近のネットユーザーはInstagramで検索する人が増えている事からもわかるように、ビジュアルでの検索を重視している傾向にあります。

Pinterestはまだ日本でのユーザーは多くありませんが、企業やメディアを運営している人は早めにPinterestに参入しておくといいでしょう。

他のWebサービスがそうだったように、Pinterestも芸能人の方が使い始めると日本でももっと流行るようになりそうです。芸能人関係者は梅宮アンナさんが使っているみたいですが、他にはあまり聞きませんね。

個人的にはユーザーログインしなければPinterestを閲覧できないところ(アカウント作成を促される)を改善した方が逆にユーザーが増えると思います。ログインしなくても閲覧できた方がどんな感じのサービスかわかるのでここは改善してほしいところです。

ちなみに梅宮アンナさんのアカウントはこちら→http://pinterest.com/umemiya/

画像から得られる視覚情報は右脳を刺激していいアイデアに結びつく事があります。アイデアの発想のためにPinterestを使うのはおすすめです。是非お試しを。

自分に合うようにいろいろ工夫してみて発想のヒントが得られるよう使ってみてください。

どんな感じで使うかもっと詳しく知りたい方は私のアカウントを参考にどうぞ。→https://jp.pinterest.com/the_path1207/

あと、あまり話題になっていないので知られていないかもしれませんが、最近ではピンにアフィリエイトリンクを設定する事も可能になりました。使い方によってはビジネスとしても使えるかもしれませんね。

こちらの本はUnlimitedの対象本になっていますので参考にどうぞ。

Pinterest(ピンタレスト)
無料
(記事公開時点)
posted with ポチレバ
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.