TOP > Tech > Webサービス > This Entry
Tech

IFTTTとLINEの連携方法とLINEを使ったIFTTTのレシピ集

iftttとLINEの連携

LINEがLINE Notifyというサービスを開始しました。このサービスを使うとLINEとIFTTTを連携する事ができます。早速試してみたので紹介します。

LINEとIFTTTの連携方法

iftttとLINEの連携方法

連携は簡単にできます。まず、IFTTTにLINEのチャンネル登録から。LINEに設定しているメールアドレスとパスワードを入力。

iftttとLINEの連携方法

連携するとLINEの友達にLINE Notifyが登録されます。ここに通知が届くシステム。右の写真のようにすでにある程度のレシピが登録されています。

iftttとLINEの連携方法 完了

登録が完了するとLINEにこのように通知が届きます。

IFTTT LINE グループ選択

便利なところが個人で受け取るだけでなくグループに通知を届ける事ができる所。例えば、Googleカレンダーの予定のリマインドをグループに通知する事ができます。他にはGoogleカレンダーに新しく予定を登録した時に通知できたり、使い方によっては便利になりそうです。

カレンダー以外だとTwitterでお気に入りした記事のURLをグループに通知すると情報共有が捗りそうです。

グループで使う時はLINE Notifyのアカウントを使いたいグループに招待しておく必要があります。

iftttとLINEの連携方法 Kindleセール

個人としても特定のツイートをLINEに通知させるという使い方もできます。写真はKindleのセール情報をLINEに通知させたところ。今までiPhoneの通知でやっていたのを試しにLINEで通知させてみましたが、こちらの方が見やすいですね。

各サービスには大抵通知機能があります。個人で使う場合はそちらの通知を使えば済む話なので、どちらかと言えば、グループで使う方が良さそうです。

slackで同じような事はできますが、slackは一般向けではありません。一方、あまりWebサービスに詳しくない人でもLINEは使っている人が多いので、そういう人とのグループで共有するのは便利ですね。

最近は子供の部活の連絡もグループLINEでやりとりする場合が多いので、このサービスを使う事で連絡を簡略化させる事ができるでしょう。

私もちょうど勉強会用にLINEでグループを作ってやりとりしていたので試してみたいと思います。

LINEのIFTTTレシピ

とりあえず今回作成したレシピを紹介しておくので参考にどうぞ。

IFTTT Recipe: Amazon Kindleの日替わりセール情報をLINEで受け取る connects twitter to line

先ほど紹介したKindleの日替わりセール情報を通知するレシピ。

IFTTT Recipe: 予定が始まる前にLINEでリマインド connects google-calendar to line

こちらも先ほど紹介したカレンダーの予定のリマインド。家族やグループで使うと便利。

IFTTT Recipe: 指定エリアに入るとLINEに通知 connects ios-location to line

指定エリアに入るとLINEに通知するレシピ。よく自宅でWi-Fiをオンにするのを忘れてしまうので予防で通知させています。

このレシピを応用すると最寄り駅に着いたらグループにLINEで通知させる事もできますね。私はしませんが、家族でグループを作成しておけば、最寄り駅に着いた時点でもうすぐ帰ると家族にLINEで連絡することができます。

IFTTT Recipe: Twitterのエゴサーチ結果をLINEに通知 connects twitter to line

Twitterで自分の記事がシェアされた時にLINEに通知させるレシピ。

紹介したレシピは今まで使っていたレシピをLINEに通知させるようにした感じです。これでしばらく様子を見てみようと思います。

まとめ

IFTTT以外でもGitHabやMackerel(マカレル)と連携できるみたいですが、これらのサービスを使っている人はslackの方が便利そうですけどね。

LINEとIFTTTの連携は他にもじっくり考えて色々なレシピを作ると楽しめそうです。LINEに通知を集約させてみるのも面白いかもしれませんね。是非お試しを。

IF by IFTTT
無料
(2016.10.01時点)
posted with ポチレバ

こちらの記事もおすすめ

生活が便利になるIFTTTのレシピ16
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.