TOP > Tech > ガジェット > This Entry
Tech

Fire TV Stickレビュー 『Spotify』や『AbemaTV』も使えておすすめ

 Fire tv stick レビュー

少し前に『Fire TV Stick』を買ってみました。しばらく使ってみた感想をひと言で言うともっと早く買っておけば良かったです。

私が購入したのは、音声操作ができない安いタイプですが、それでも充分使えます。特に、最近ではFire TV Stickは『Spotify』や『AbemaTV』と連携し、かなり楽しむことができています。ということで今回は『Fire TV Stick』をご紹介します。

Fire TV Stick レビュー

 Fire tv stick レビュー箱の外観

こんな感じのコンパクトな箱で届きます。

 Fire tv stick レビュー箱の外観の色

箱を開けてみます。いい感じのカラーでなかなかの高級感。

Fire tv stick レビュー箱の中身

箱の中身はこんな感じ。

  • Fire TV Stick本体
  • HDMI延長ケーブル
  • 単4電池2本
  • 電源
  • リモコン
  • 説明書

最初からリモコン用の電池や延長ケーブルがある親切設計。

Fire TV Stickの設定

設定は本当に簡単。電源とつないだFire TV Stick本体をテレビのHDMIに挿して言語とWi-Fiを設定したら終了です。5分もかかりません。

私の場合は、付属していた延長ケーブルを使った方がやりやすかったので使用しました。ちなみに、Fire TV Stickは電源を切ることはできません。そのままにしておけば、自然にスリープ状態になります。何か不調になった時は、設定から再起動をかけることができます。

Fire tv stick Amazonアカウント

すでにAmazonのアカウントと紐づけられているのはありがたい。

チュートリアル

アメリカちっくな微妙なキャラクターが出てきて何やら説明してくれます。

Amazonプライムビデオ一覧

Amazonプライムビデオの一覧。プライム会員に入っていれば、プライムと表示されている動画は全て無料で見る事ができます。

見たい映画がプライム対象に含まれてない場合もあるので、たまたま対象になっている映画を閲覧できるというスタンスがいいかもしれませんが、かなりのラインナップなので自分的には充分です。

子供向けのアニメも豊富にあり、『まんが日本昔話」や『ドラえもん』、『ミニオンズ』、『クレヨンしんちゃん』などが対象になっています。

他の対象作品の一覧はこちらからどうぞ。

プライムの対象動画はどんどん変わっていくので、見たい映画が対象に含まれている場合は早めに見ておいた方がいいでしょう。

プライムの対象になっている動画以外もレンタルまたは購入する事で閲覧できます。

この場合、保有期間は30日で、視聴開始してから24時間か48時間経過するとライブラリから削除されます。購入した場合は制限はなく何度でも閲覧する事ができます。

レンタル料金は100円からで、平均すると500円程度が多い感じです。

Fire TV Stick設定時の注意点

最初からAmazonアカウントと紐づけられているのは大変ありがたいんですが、それまでのAmazonでの閲覧履歴によって、おすすめ動画が表示されます。何か心当たりのある方は、家族の前で設定して空気が凍ってしまう事のないように気をつけましょう。

Amazonプライムビデオおすすめからの削除

おすすめリストからの削除はこちらから可能です。怪しそうな動画がおすすめに表示されていたらしっかり削除しておきましょう。

成人向け動画を閲覧する時や料金が発生する時に誤って注文するのを防ぐためのPINコードも設定できますが、プライム対象の無料で見れる動画も0円でダウンロードするという仕組みから毎回コードの入力が求められます。

子供が勝手に閲覧できないようにPINを設定していますが、通常のプライム動画にもいちいちPINを入力しなければいけないのは少し面倒です。ここはなんとかしてほしい所。

Amazonプライム会員は動画以外にも色々なサービスが使える

プライム会員の場合は、動画以外で使えるサービスも充実しています。

  • プライムミュージック
  • プライムフォト

プライムミュージックでは音楽を聞くこともできるし、プライムフォトは保存した写真をテレビ画面で見れるので、祖父母や友人が遊びに来た時に子供の写真を見せる場面で捗ります。

ちなみに、プライム会員は年間3900円で月額では325円という安さ。プライム会員になると、対象商品の配送料が無料になったり、様々な特典があります。

iPhone用のアプリを使えばiPhoneからFire TV Stickの操作が可能

付属のリモコンは正直使いにくいところがありますが、iPhoneアプリを使えば快適です。

fire tv stick アプリの使い方

アプリからは音声入力やキーボードで入力ができて捗ります。

このアプリがあればFire TV Stickの音声入力リモコン付きタイプは正直必要ないですね。

Amazon Fire TV Remote
無料
(2016.10.29時点)
posted with ポチレバ

Amazonプライム動画以外は何が見れるのか?

Fire TV Stickはアプリをダウンロードすると、プライム動画以外にも様々なサービスの動画を閲覧できるようになります。

つまり、Amazonのプライム会員に入っていなくてもFire TV Stickを楽しむ事ができるという事です。色々なサービスがあるので参考にどうぞ。

YouTube

YouTube』です。もちろん無料で閲覧可能。テレビの大画面でYouTubeを見る事ができて便利です。それにしても子供ってYouTube好きですよね。

DMM.com

月額1680円からのサービスを展開している『DMM.com』のアプリです。DMMと言えばどちらかというと18歳以上向けが有名ですが、実は他の動画も以外と充実しています。

GYAO!

無料でかなりの動画を見る事ができる『GYAO!』。テレビドラマが多い印象。基本無料で使えますが、月額800円で最新の動画も見る事ができます。

Hulu

月額933円で動画を見放題。映画が豊富。中には『Hulu』だけで特別配信されている動画もあります。Huluで特別な配信されている氷室京介のドキュメンタリー動画は見たかったです。

AbemaTV

最近対象になったばかりのインターネットTVの『AbemaTV』。無料で閲覧できます。音楽番組からドラマにアニメとチャンネルは豊富。今までスマホかPCからしか閲覧できなかったのでテレビで見れるようになるのはありがたい。

dアニメストア

月額400円でアニメが見放題になる『dアニメストア』。アニメ好きにおすすめ。

Netflix

月額650円で動画見放題。少し前に又吉直樹の小説のドラマ化『火花』が『Netflix』だけで公開されていて話題になりました。

TED TV

TEDの動画を無料で見る事ができます。プレゼンの参考や英語の勉強に。

ニコニコ動画

ニコニコ動画』もテレビで見る事ができます。

Spotify

最近日本でも使えるようになった『Spotify』も早速対応。食事の時などは映像があると子供の気が散りやすいですが、消してしまって音がないとなんとなく寂しくなります。そんな時にBGM変わりに使うといいかも。

iPhoneアプリのSpotifyから操作することもできて便利。

Spotifyはプレイリストが充実していてスターバックスのプレイリストなんかも聞けたりします。

【Spotify】スターバックス店舗の音楽を聴ける公式プレイリストが作業用BGMに最適!

ここで紹介した他にも多数のアプリに対応しています。今回紹介したサービスのFire TV Stick用アプリ自体はPC、またはFire TV Stick内で無料ダウンロードする事ができます。

サービスの会員になればFire TVで閲覧する事ができます。各サービスとも無料お試し期間があるので試してみて自分に合っているサービスに決めるのがいいと思います。すでに、いずれかのサービスの会員になっている場合は、そのサービスをFire TV経由でテレビで閲覧できるようになります。

もちろん、他のサービスの会員に入らなくても、無料のYouTubeとAbemaTVで充分楽しめます。

他にも簡単なゲームなどもあります。

まとめ

これだけの事ができてしまうと、楽しむための時間を確保する方が難しいですね。

ちなみにFire TV Stickは持ち運びもできます。旅行先や出張先にも手軽に持っていく事ができます。HDMIに対応しているTVとWi-Fiに対応していればどこでも使えます。Wi-Fiに対応していなくても究極はデザリングという方法もあります。通信量をかなり消費するのでおすすめはしませんが。

Fire TV Stickはそれほど価格が高いわけではないので、買っておいて損をする事はないでしょう。特にAmazonプライム会員に入っている人はせっかく会員費を払っているならむしろ利用したほうがいいと思います。

特に子供がいる家庭ではありがたいアイテムです。

よくセールになっている時があるので、その時を狙って買うのがお得。特にプライム会員は会員限定で安くなる時もあるので、時々チェックしましょう。

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.