TOP > iPhone > iPhone app > This Entry
iPhone

後で読む記事の整理が捗り情報収集を効率良くできるiPhoneアプリ『StockMark』

iPhoneアプリ stockmark

久しぶりにこれは便利だと思ったアプリが登場した。

普段気になった記事は後でゆっくり読むためにPocketを使っている。便利だが、保存したことさえ忘れてしまう時がある。人間の記憶は20分後には4割、1日後には7割以上忘れるようにできているため無理もない。

さらにPocketにはフォルダ分けの機能がないため整理もしにくい。

そんな悩みを解消してくれるアプリが『StockMark』だ。

stockmarkの使い方

stockmark使い方

左側が基本画面。設定でPocket、Evernote、はてぶとの連携を済ませておくとマイストックには各サービスで保存した記事が一覧に並ぶ。

ストックした記事は右にスワイプしアーカイブ。左へスワイプすると、スヌーズへ。スヌーズした記事は12時間後に再度マイストックに表示される。

記事は内蔵ブラウザで開く事ができる。

設定でTwitterと連携しておくと、Twitterでいいねをした記事が保存される。すでにIFTTT等で設定している人はどちらか解除しておかなければ記事を重複して保存してしまう。

stockmark 使い方 レコメンド

人工知能アルゴリズムがストック記事をプロファイリングし、最適なタイミングで保存した記事をレコメンドしてくれる。

レコメンドでは他のユーザーが保存した記事が表示され、意外な記事に出会う事がある。

stockmark カテゴリー分類

カテゴリーは自動分類される。分析から自分がどのような記事を保存しているか傾向がわかる。私の場合はテック系の記事で占められているのがわかる。

stockmark 使い方 リスト

自動分類の他には自分が作成したリストに分類する事もできる。Evernoteと連携しておくとEvernoteのノートブックを拾ってくる。リストに仕分けした時点でEvernoteに保存される仕組みだ。

Evernoteに保存したくない場合はEvernoteとの連携を切っておくとリストの仕分けのみできる。

右へ長めにスワイプすると記事を削除する事ができるが、連携サービスからは削除されない。例えば、Pocketで保存した記事をstockmarkで削除した場合でもPocketの方には残っている。

stockmark 使い方 検索

検索は内蔵ブラウザからWeb検索が可能。自分がstockした記事の検索もできる。

stockmark 使い方  要約

他には記事の要約機能もあり、一覧で記事の概要を掴むこともできる。

まとめ

このアプリを使う事で後で読もうと思った記事を効率良く整理できるようになった。

何より各サービスで保存した記事を一括で管理できる所が便利だ。Pocketは一時保存で、残しておきたい記事やコメントをつけたい記事ははてなブックマークに登録するようにしているため、一括で管理できるのはありがたい。

まれにアプリがクラッシュする時もあるが、開発者の方は問合せなどのメールにも真摯に対応してくれるので、今後更にブラッシュアップされ洗練されていくだろう。

連携するサービスも順次拡大していく予定のようなので期待したい。

ちなみにアイコンのリスは、食べ物のストックを行うリスの習性から来ているようだ。

記事を整理し効率良く情報収集したい人は一度試してみるといいだろう。

URLスキームはこちら

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.