TOP > Books > 読書記録 > This Entry
Books

【読書記録】2015年9月に読んだ本

2015年9月に読んだ本



2015年9月に読んだ本をまとめた。

それぞれ簡単に内容を紹介しているので、本選びの参考にどうぞ。

2015年9月に読んだ本6冊


Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話



Kindleのまとめサイトだけで生計をたてているきんどるどうでしょうの管理人が、その戦略やコンテンツの作り方を紹介したKindle本。

サイト運営をしたい人だけでなく、ブログを運営している人にも参考になる内容。やはり、成功しているコンテンツは徹底して考えられている。

きんどるどうでしょうはKindleのセール本をピックアップして紹介しているので、私も常にチェックしている。

【参考】きんどう


齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる! (ちくま文庫)



速読術についての本。目的を持って読む事で、取り捨て選択をしながら読むというスタンス。

もちろん本によって使い分ける必要はあるが、私もビジネス書を読む場合はこのやり方をしている。

ちょうど今読書週間。本がなかなか読めないという人は是非読んで欲しい一冊。


デジタルデトックスのすすめ 「つながり疲れ」を感じたら読む本



隙間時間があればついやってしまうSNS。離れた人ともまるで身近にいるかのような感覚が得られる。

常に繋がっているところは良い面もあるが、息苦しく感じる事もある。そんな少しソーシャルに疲れている人におすすめしたい一冊。

人気サイトライフハッカーの編集長ともあれば、仕事がらデジタルは切っても切れないだろうが、デトックスをどのようにしていったのか参考になる。

私もこれを読みソーシャル系のアプリをiPhoneのホーム画面から隠してみた。完全に消すことはできないが、少しは改善された。


ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方



著者が同じ香川県出身という事で興味を持ち読んでみた。

今や生き方は多数ある。自分で仕事を作り出すという能力は、これからの社会では必要になるスキルなのかもしれない。


iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)



少し古い本のため、移り変わりの早いデジタル業界では、すでによく知られている情報もあるが、それでも考え方は参考になる。

特にデジタルにあまり詳しくない人には入門編としておすすめできる。

本なんて読まなくたっていいのだけれど、



BACH代表でブックディレクターである著者がエピソードを交えながら、さまざまな本を紹介している。

ブックディレクターとは本屋を展開させたり、温泉や病院などの施設に本棚を作ったり、本というメディアを広めていく仕事。

Amazonなどのネット販売に押され、本屋は減少傾向にある現在において、貴重な存在。Amazonは確かに便利だが、本屋には本屋だけが持っている魅力がある。本好きの私としては応援したい。

著者とは同年代だけに、子供のころの情景がよく似た環境でとても共感した。

幅広いジャンルから紹介されているため、この本を読めばきっと新しい本と出会う事ができるだろう。

この本の中で特に気になった本が『城崎裁判』という城崎温泉でしか手に入らない本。いつか温泉に行って手に入れたい。


まとめ


先月は比較的面白い本と出会う事ができた。読書の秋という事でもっと色々なジャンルの本を読みたい。

何かおすすめの本があれば是非教えてください。


Wrote by Taka

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.