TOP > Life Style > セミナー > This Entry
Life Style

美崎栄一郎さんのセミナーで学んだアナログ手帳にしかないスケジュール管理のメリットとは?

美崎栄一郎セミナー




告知していた美崎栄一郎さんのセミナーに行ってきました。

テーマは「ノート術・手帳術」という事で、ちょうど来年の手帳の発売シーズンという事もあり、色々学ぶ事ができました。

私は普段のスケジュール管理にはiPhoneを使うデジタル派ですが、手帳も併用して使っています。

美崎さんはデジタルだけでなく必ず手書きが必要だとおっしゃっていました。

私も薄々気づいてはいましたが、今回のセミナーでなぜ手書きが必要なのか?という事がはっきり理解できました。

セミナーで学んだアナログ手帳ならではのメリットをまとめました。


デジタルではやりたい事が達成できない


現在では、ほとんどの方が持っているiPhoneなどのスマホは本当に便利で、スケジュール管理やタスク管理など、スマホ一つでなんでもできます。デジタルのみで管理している人も多いと思います。

ただ、唯一デジタルではできない事が、日付が決まっていない事を入れれないところです。

確かにスマホのカレンダーには日付蘭にその日のスケジュールを入力する事しかできません。これは言い換えれば決まった事しかできないという事。

アナログなら欄外のスペースなどに書いておく事ができます。

やりたい事を達成するためには7つの習慣で有名な「緊急ではないが重要な事」をどう管理していくかが大切です。

自分のやりたい事を達成していきたいのならアナログ手帳は必須なのです。

書くと気づく事がある


手書きで書いていると、気づきを得ることができます。これはデジタルにはない利点です。

私もその日の出来事を記録するのは手書きでやっています。手書きで書く事で気持ちの整理ができるのです。

また、何か計画を立てる時もマインドマップを使うようにしています。そうするとどんどんアイデアが出てきます。

【関連】週次レビューがうまくできるEDiTとダイスキン2冊の手帳の使い方

とにかくなんでもいいから気づきをメモをしておく、書き残しておく事でそこから新たなアイデアが出てくるのです。

反省を書いておく


論語で曾子が、「吾(われ)日に三たび吾が身を省みる」と言ったように、人は反省をする事でしか、成長する事ができません。

私の場合はデジタルで3行日記をアレンジした4行日記をつけていますが、これはアナログにした方がいいのかもしれません。

なぜかと言えば美崎さんもおっしゃっていたように、デジタルでは振り返りがしにくいからです。アナログの場合は見返す事が簡単にできます。

反省しても次に活かさなければ意味がありません。

まとめ


美崎セミナー



デジタルの良さは取り入れつつ、手書きならではの利点も取り入れていくという併用スタイルがいいなと改めて思いました。

こうして、セミナーで話を聞くと今までぼんやり思っていた事が腑に落ちた気がします。

他にも、雑談を交えた面白い話を聞く事ができ、あっという間の2時間でした。おまけにプレゼント企画までしていただきました。

今回私はセミナーを主催していましたが、参加者の方々も、いい勉強になったとおっしゃってくれて嬉しかったです。

美崎さん、本当にありがとうございました。

参加者のレポ


ノート・手帳にはこれを書けば成功する!4つのポイント【セミナー報告】美崎栄一郎さんの徳島講演に参加してきました : 一流への道 〜立志篇〜

Wrote by Taka

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.