TOP > Tech > Webサービス > This Entry
Tech

8月9日まで無料で使える定額音楽配信サービス「LINE MUSIC」がスタート

LINEMUSIC



先日から予告があったLINE MUSICのサービスが本日より開始された。

今までこのブログでもさまざまな音楽アプリを紹介してきたが、それと比較してもかなりいいサービスだと感じた。

使い方といっても特に難しくなくLINEの認証を済ませばすぐに使い始める事ができる。

LINE MUSICの使い方


LINEMUSIC
まずアプリを開くとこのような画面になる。ピックアップやオススメアーティスト、プレイリストなどがあり、どことなく以前紹介したアプリLikeDisに似た雰囲気だ。

LINEMUSIC
左上のメニューを開くと、ジャンルを選択したり、マイミュージックの確認ができる。



LINEMUSIC
ジャンルは全18と幅広くあり、様々な年齢層に対応している。

  • 今週の最新曲
  • シェア用セレクト
  • キモチ
  • シーン
  • イベント
  • 邦楽
  • POP
  • ROCK
  • R&B
  • HIP HOP
  • JAZZ
  • クラシック
  • アニメ
  • 歌謡曲・演歌
  • ワールドミュージック
  • テレビ・映画
  • キッズ
  • その他


LINEMUSIC
マイミュージックはマイプレイリストやお気に入りに登録したものを確認する事ができる。


LINEMUSIC
プレイリストへの追加やお気に入りはメニューから。メニューではアーティスト情報やアルバム情報の確認もできる。

LINEMUSIC
曲をLINEのともだちにシェアする事も簡単にできる。特にプレイリストをともだちとシェアできるところがいい。オススメの曲をセレクトしてプレゼントするといった使い方ができる。

シェアされた曲はLINE MUSICに登録していなくても30秒の試聴ができる。もちろんLINE MUSICを使っていればフルで聞く事ができる。

LINEMUSIC
設定から学生認証や再生終了タイマーの設定などもできる。

気になる価格


気になる価格は、以下のようになっているが、8月9日までは無料で使う事ができる。

  • ベーシックプラン(30日間/20時間)・・月額500円
  • プレミアムプラン(30日間 / 時間無制限)・・月額1080円(LINE STORE1000円)


また、学生の場合は割引制度がある。

  • ベーシックプラン・・月額300円
  • プレミアムプラン・・月額600円


LINEを使う層が学生が多い事を考えれば親切な価格設定だと言える。

まとめ


先日行われたWWDC 2015で発表されたApple - Musicやサイバーエージェントとエイベックス・デジタルが共同出資しているAWA Musicなど、音楽はCDからDLに変わり、ここへきてストリーミングが主流になってきている。

どのサービスがいいかはこれから明らかになってくるだろうが、簡単にシェアする事ができ、学割制度もあるLINE MUSICは学生にはありがたいサービスだ。

とりあえず8月9日までは無料で使えるのでどんどん試してみよう。ただし、こういうストリーミングで曲を聞く場合は通信量には注意が必要。Wi-Fi環境で聞く方が無難だ。

ちなみにLINE MUSICのURLスキームは「linemusic:」ランチャーを使っている人は参考にどうぞ。



Wrote by Taka

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.