TOP > Blog > ブログ運営 > This Entry
Blog

Kindle本『人気ブログの作り方』から学んだ読まれるブログを作る4つの方法

人気ブログの作り方

「読まれないブログ記事は存在しないのと同じである」

思わずドキッとするフレーズだ。ブログを書いているからには、やはり多くの人に読んでもらいたい。ブログを書いている人は誰もが思っている事ではないだろうか。

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術』ではそんな方に向けて「わかったブログ」の運営者が今まで自身のブログで公開した内容をまとめてKindle本にしたものだ。

今日はその中から特に印象に残った読まれるブログを作る4つの方法を紹介する。

毎日更新をする

量は質を凌駕します 。読者は毎日あなたのブログに読みに来てくれるほど暇ではありません 。週一ぐらいで更新しても 、目に止めてくれません 。

ブログを毎日更新するという方法はよく聞く方法だが、実際に実行するのは難しい。逆に言うと実行すれば差をつける事ができる。著者はまずは3カ月毎日更新せよと主張する。

毎日更新というと心配になるのが、ブログのネタだが、不思議なものでブログを書いているといろいろな場面でアンテナが働くようになる

どこかへ出かけた時の何気ない出来事がこれはネタになると感じたり、何か失敗をした場合などは絶好のネタになると感じるようになってくる。今の所ネタで困るという事はない。

工夫している事と言えば、ネタが思い付いた時はすぐにスマホに記録するようにしている所だ。

ブログネタの管理にはDrafts 4Evernoteを使用しているが、標準のメモ帳でも何でもいいので、とにかく思いつきを残しておくようにしておくといいだろう。

このブログでは週に2、3記事の更新と週1回の週刊を更新している。

なかなか記事の更新が習慣化されていない場合には週のまとめなどを更新する事もオススメの方法だ。

ソーシャルの活用

ブログ記事は 、ソ ーシャルメディアにとって 、話のネタ 。つまり 、格好の 「餌 (えさ ) 」となりました 。 「燃料 」と言ってもよいかもしれません 。ソ ーシャルメディアというパ ートナ ーを得たブログは 、一気にアクセスを爆発させることができるメディアに生まれかわったのです 。

ソーシャルメディアを利用しブログの記事を拡散するという方法は、今ではほとんどの人がやっている事だ。バズると猛烈な勢いで記事が拡散されていく。

このブログもTwitter、Facebook、tumblr、Google+、最近ではLINE@などにも更新情報を流すようにしている。

それぞれのソーシャルで利用している層の違いがあるため、なるべく多くのサービスを利用する方がいいだろう。

拡散力で言えばTwitterの力は大きい。私が意識しているのは投稿する時間帯だ。真夜中や早朝に投稿しても拡散は狙えない。他の投稿が少ない分読まれる事はあるかもしれないが、やはり拡散は難しい。

記事内容にもよるが、平日であれば昼休みの時間帯や、夜はTV番組の繋ぎの時間帯などに投稿すると読まれやすい。自分の行動を振り返りどんな時にTwitterをチェックするか考えれば投稿にいい時間帯が思いつくだろう。

タイトルの重要性

Twitterでの拡散を狙うならば、記事のタイトルは極めて重要となる。自分自身を振り返ってみても、Twitterで流れている記事では興味があるタイトルでなければ読まないことが多い。

これについて9つのヒントが書かれていたのでそのまま紹介しておく。それぞれの詳細は是非本書で確認を。

  • 記事を全部書いて1度読んだ後にタイトルを考える
  • 記事を読んだ後に得られる 、快適で素晴らしい生活を想像しながら考える
  • 専門用語やニッチなブランド名は利用しない
  • なるべく短くする
  • 「あなたの~」から始める
  • コンプレックスを刺激する
  • 数字を入れる
  • タイトルの最後を「~の方法」「~の理由」にする
  • 過去の有名なキャッチコピーを真似る

自分が主役のブログを目指す

これからネット上で存在感を出していくには 、もう一歩前に踏み出して 「自分が主役 」のブログを目指すべきです 。対象の書籍や商品 、情報すらもダシにして 、自分を語るスタイルです。

興味を持ったことを 、自分なりのフィルタ ーを通して 、読む人に伝えるところに 、ブログの本質があります 。

ただ「この商品はこういう商品です。」というだけならそこに魅力は感じない。やはりそこに著者の視点を入れる事で著者の人間性を感じられるようになる。

私も人が見えないブログは読む気がしない。ただし、あまり自分の考えばかりを主張しすぎるのも読み手としては疲れてくる。その辺りはバランス感覚が必要だ。

まとめ

このブログを始めた時はこのブログを通じて道を開いていきたいという想いからだった。それは今も変わっていない。

記事を書くことで自分を磨いていきたい、自分を成長させていきたいと思っている。

つまり 、ブログも 「人間力 」なのかなと 。ブログを運営するために何かをするのではなく 、自分を磨くためにブログを利用するスタンスを持てると 、強いでしょう 。

書く内容は変化していくかもしれないが、その当時の想いを思い出させてくれた。

この本はブログの記事を本にしている事もあり、内容が重複していたり、若干誤字がある所が気になったが、著者が実際に長期に渡りブログを運営してきて経験した事が書かれている。やはり、実績がある人の言う事は説得力がまるで違う。

初心者だけでなく、ブログに伸び悩んでいる人、目的を見失ってしまっている人などブログをしている全ての人にオススメの1冊だ。巻末にはKindle本の作成方法まで紹介してくれている。これで280円とは破格の値段だ。

ブログ運営についてはこちらの本もオススメ。

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.