TOP > Tech > Webサービス > This Entry
Tech

PocketをWEBクリップとして使う方法

Pocket



前回書いた記事でWEBクリップにはPocketを使用していると書いた。

今回は実際にどういう風にPocketを使っているか紹介する。

Pocketとは


まずPocketがどういうサービスかというと、気になった記事をクリップしておき、後で読む事ができるサービスだ。

出先で閲覧していて気になった記事があるがゆっくり読む時間がない場合に重宝する。Pocketした記事はPCでも同じように閲覧できるため、スマホで気になった記事をPCでゆっくり読みたい場合にも使える。

現在では、対応しているWEBサービスが多いため簡単にクリップする事ができる。


Pocket





Pocketで記事を閲覧すると広告などが表示されないため見やすいという利点もある。

登録▶︎Pocket

登録はGoogleアカウントがあれば簡単にできる。

PocketをWEBクリップとして使う



Pocketは便利なサービスだが、どんどん保存していくと未読がたまってしまうという問題が出てくる。

この対応策としてPocketにはアーカイブ機能がある。とりあえずアーカイブしておけば、後からアーカイブの一覧から閲覧でき検索も可能。

つまり、気になった記事はとりあえずPocketに保存してアーカイブしておけばいつでも閲覧・検索ができるというわけだ。

Googleで検索していて気になった記事を再度探してもなかなか見つけられない事がよくあるが、こうしてPocketに保存しておけば、Pocket内で検索すれば簡単に見つける事ができる。

さらに、タグを付ければ一段と管理しやすくなる。Pocketには残念ながらフォルダ機能がない。そこで、タグを付ける事によってフォルダ分けのような感覚で使う事にしている。

Pocket


写真は音楽タグを付けた一覧。マイリストとアーカイブとも一覧できる。

このように気になる記事をテーマごとにまとめておく事ができる。

まとめ


少しでも気になった記事はどんどんクリップしてアーカイブしておけば後から記事を探す手間が省ける。通常は読んでからアーカイブする人が多いと思うが、私の場合はアーカイブは保管するために使っている。

私のPocketの使い方をまとめると

  • マイリストは一時的な保管場所
  • 保存しておきたい記事にはタグを付けてアーカイブで管理


という方法だ。
この方法の場合、未読記事が溜まって困るという事もなくなる。ただし、タグ付けがポイントになる。

もちろんもう完全に必要ないと思った記事は削除してしまってもいいだろう。

EvernoteにWEBクリップする人は多いが、後から検索する時に、WEBクリップのみを検索する事ができるPocketの方が便利だと個人的に思っている。

手軽にWEBクリップを管理したい人は是非どうぞ。

Pocket
Pocket (無料)
(2015.03.05時点)
posted with ポチレバ


Wrote by Taka

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.