TOP > Books > 読書レビュー > This Entry
Books

スマホの奴隷から脱する方法『クラウド「超」仕事法 』

スマホ



スマホは今の私たちにはなくてはならない存在になった。だが、クラウド「超」仕事法 を読み、そのスマホに使われてしまってはないか?という事に気づかされた。

この本は少し前の本だが、ただクラウドを勧めるだけの内容ではなく、いかに使いこなすかに重視して書かれている。クラウドやスマホの問題点などもこの時すでに警鐘しているという所は驚いた。

クラウドやスマホが当たり前になっている今こそ読む価値がある本だ。

今回はスマホやクラウドの奴隷にならないための3つの考え方を紹介する。

機能を全て使おうとしない



「さまざまなことができる」からと使い方を次々に追いかければ、機械に振り回されてしまう。技術的に可能であっても、仕事の効率化に役立たないことは多いのだ。~中略~ PCを「使いこなす」とは、「さまざまな使い方ができる」ということではない。「自分にとって本当に必要なことについて、きわめて効率的に使える」ということである。(p.69)



ここではPCについて書かれてあるが、スマホについても全く同じ事が言える。使いこなせていないと思い無理に使いこなそうとするのではなく、自分にとって必要な機能さえ使えればいいと割り切る事。

スマホやPCには無駄な機能が多い。使いこなそうとして無駄に時間を費やしても、それに見合う効果がなければ、費用対効果として低くなる。

逆に言えば、費用対効果が高くなる機能は使えるようにした方がいい。私の場合はブログをiPhoneで書く事ができるようにさまざまな設定をしたのは費用対効果が高かった。

スマホやクラウドはあくまでもツールというスタンスが必要だ。


目的を持って使う


供給者の論理(「あれもできます、これもできます」)に振り回されるのでなく、利用者の要求(「私は何がしたいのか」)をはっきりと意識する必要がある。そして自分の仕事システムの中にどう位置づけ、「何に、どう使うか」を考える必要がある。何が目的かをはっきり意識し、その目的に応じて使う。スマートフォンやクラウドの奴隷になるのでなく、これらをこき使うマスターにならなければならない。(p.72)



自分がスマホを使って何がしたいのかをよく考えて使わなければスマホの奴隷になってしまう。

そのためには目的をはっきり持つ必要がある。

次々と進化していくスマホに続々と現れる魅力的なアプリたち。新しいモノを手に入れると嬉しいし、新しいアプリを手にする事により使い方が広がる。しかし、本当に自分にとって必要な機能は何なのかを考えなければ、結局振り回される事になる。

手段と目的が逆転し、いつの間にか新しいスマホを手に入れる事や、新しいアプリを追う事で満足してしまっている状態になる。これは何もガジェット類だけでなく、他のモノ全般にも当てはまる事だ。

私もこのブログの中で新しいアプリを紹介する事があるが、本当に自分のやりたい事の目的に合ったものを見極める必要があると思った。

分類しない



「ある対象が複数の属性を持っている場合、どちらかの属性で分類してしまうと、あとから見出せなくなる」~中略~知的作業の多くは、問題意識がつぎつぎに変化する。だから、ある時点の問題意識による分類システムは、時間が経つと使えなくなる。(p.88)



その時々によって分類が変わるため整理の必要はないと著者は言う。

では、どう整理するのかというと

「内容で分類するな。時間順に並べよ」というのが、超整理法の基本的なメッセージである。(p.88)



確かに考えてみれば時間順に並べるというのは理にかなっている。

私もEvernoteを使用しているが、使い始めた当初はノートブックを多数作って分類していた。それが楽しかった。しかし、分類しすぎると整理に時間がとられてしまう上、どこに入れているのかわからなくなる事がよくあった。これでは、なんのためにEvernoteを使っているのかわからなくなってしまう。先ほどと同じで目的が変わってしまっている状態だ。

そこで、早速Evernoteの見直しをした。自動で取り入れる事ができるライフログは別として、基本的にはINBOX・保存・アーカイブの3つのノートブックを使う事にした。

整理する必要がないというのは本当に快適だ。

「超整理法」は「うまく整理するための方法ではない」そうではなく、「整理という後ろ向きの作業をできるだけしないで済ますための方法」、つまり、「整理をサボるための方法」なのである。(p.88)



まとめ


少し前の本だが、最近私が目標にしているシンプルな生活をする上でのヒントを得る事ができた。

ちょうどこの記事を書いている時に、同じような考えの記事があり共感した。



スマホやアプリは私たちの生活を飛躍的に便利にしてくれた。初めてクラウドに出会った時は本当に感動した。が、そろそろ気づき始めて人もいるように、もう一度その使い方を考え直す時期なのかもしれない。

スマホやクラウドに使われるような人生は送りたくはない。



The path Wrote by Taka
Posted from するぷろ for iOS.

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.