Life Hack

確認しておきたい自転車の危険行為14項目とあまり知られていないおすすめの自転車用保険


photo credit: Lin1000.tw via photopin cc



先日、悪質な自転車運転者に対する安全講習の義務化を盛り込んだ改正道交法の施行令が閣議決定され、2015年6月1日から施行される事になった。

自転車、摘発2回で講習 信号無視など危険行為対象に : 日本経済新聞

私は毎日最寄り駅まで自転車を利用しているため他人事ではない。だが、そもそもどういう行為が違反になるのかがわからない。そこで危険行為となる自転車運転をまとめてみた。

危険行為となる14項目

  • 信号無視
  • 酒酔い運転
  • 一時停止違反
  • ブレーキがない自転車での運転
  • スマホを操作しながら自転車を運転し事故を起こした場合
  • 通行禁止違反
  • 歩行者専用道路を通行した場合
  • 自転車の通行が認められていない歩道を通行した場合
  • 歩道での徐行違反
  • 信号機がない交差点で優先道路通行車(左方優先)を妨害した場合
  • 交差点で右折する際、優先通行車(直進や左折)の進行を妨げた場合
  • 歩道での歩行者妨害
  • 遮断器が降りた踏切への立ち入り
  • 環状交差点での安全進行義務違反

これらの危険行為をした場合、警察から指導・警告を受け、従わない場合には、交通違反切符を交付される。2回以上の違反切符の交付で講習の対象となる。つまり、2回目の違反切符の交付で講習対象という事。

もしも講習を受講しなければ5万円以下の罰金が必要となる。なお講習は3時間。

酒酔い運転やスマホをしながらの運転は論外として、進入禁止道路は自転車ならばいけると思いがち。進入禁止道路でも「軽車両を除く」と表示されている道路は通行できる。

この他にも危険行為には当てはまらないが罰金が必要となる行為がある。

例えば

  • 傘をさしての運転
  • 無灯火での運転(反射板がついていない自転車も不可)
  • 自転車の並列運転
  • 2人乗り運転(6歳未満の幼児は可)
  • 右折左折時の合図の不履行
  • 踏切での一時停止違反
  • 右側走行

など。

それぞれ2万円以下から5万円以下の罰金が課せられる。それにしても右折左折時の手合図はしている人の方がいないと思われるが…。

自転車による事故の増加などから、安全性の向上のため法が強化されるのはやむ得ない事だが、標識をもっとわかりやすいものに変更したり、自転車専用道の設置など設備面での改善も必要だと思う。

いずれにしても自転車をよく利用する人は安全のためにも違反行為をよく確認し、気をつけておきたい。

自転車用保険について


個人的には自転車事故の保険も今後は必須になってくると思われる。子供が自転車で事故を起こしてしまい、親に対して損害賠償を請求された例があったが、現状では車の保険には入っていても自転車の保険に入っている人はまだ少ない。いざと言う時のために入っておくと安心だ。

自転車用の保険は火災保険や自動車保険に特約としてつけることができる。これから自動車保険や火災保険を契約する人は、よく確認した上で加入しておいた方がいい。

その他にはクレジットカードにも特約で付けれるものがある。JCBカードには日常生活賠償プランというものがあり、月額130円で1億円の保証がつく保険。しかも家族全員が対象となる。僅か月130円で家族全員の安心が得られるのなら入っておいた方がいい。

日常生活賠償プラン | 新規開設!JCB「トッピング保険」 | JCBカードのおすすめ保険

なお、カードの種類によっては加入できない場合があるため確認が必要になる。

さいごに


自転車は手軽に乗れる分考えが回らないところだが、いい機会なので見直してみよう。私もまずは、右折左折合図の練習から始める事にしよう。

The path
Posted from するぷろ for iOS.
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.