TOP > Life Style > 旅行 > This Entry
Life Style

徳島から行く和歌山白浜旅行記~後編~

円月島

前半では和歌山に行くまでの道のりを書きました。

徳島から行く和歌山白浜旅行記~前編~

後半では和歌山で行ったところを紹介したいと思います。

アドベンチャーワールド

南紀白浜と言えばここアドベンチャーワールド。サファリパークとイルカショーにパンダがウリとなっています。

入園料

1日券の入園料はご覧のようになっています。規模的には1日で充分回れるくらいです。

それとこれとは別に駐車料金が普通車で1200円必要になります。

  • 大人・・4100円(65歳以上3700円)
  • 中・高校生・・3300円
  • 4歳からの幼児・小学生・・2500円

アドベンチャーワールド ペンギン

入口に入るとすぐにペンギンさんが気持ち良さそうに泳いで出迎えてくれます。

アドベンチャーワールド パンダ

ここの目玉であるパンダです。なんとも言えない姿勢ですね。首が折れ曲がってます。なんだかどこかで見た事があると思ったら私が愛用しているダイエット用アプリレコミル にソックリです。

レコミル
アドベンチャーワールド パンダ

うーん。まるでこれをモデルにしたと思えるくらいのそっくりさです。思わず笑ってしまいました。

さて、気を取り直してサファリパークへ。無料で乗れるケニア号という乗り物に乗ってサファリパークを一周できます。乗車前に記念にカメラ撮影をしてくれます。その写真は後で購入する事ができます。確か1枚1200円だったと思います。

アドベンチャーワールド シマウマ

綺麗な縞模様のシマウマ。他にもライオンや虎などいろいろな動物を間近で見る事ができます。

アドベンチャーワールド イルカ

ここの最大の目玉であるイルカショー。ここのイルカショーの良さは定評があります。

本当に感動するので見た事がない人はオススメします。


アドベンチャーワールド ペンギン
アドベンチャーワールド モルモット
アドベンチャーワールド カワウソ

この他にもハムスターやカワウソなどの小動物もいます。カワウソとのふれあいコーナーではなぜか頭にカワウソをのせてくれます。

動物好きなお子さんにはオススメのスポットだと思います。あまり数は多くないですが、ジェットコースターなどの乗り物もあります。何より園内が広すぎないので手軽に回れるところが小さなお子さんにもオススメできるポイントです。

なお、各ショーは時間が決まっているので事前に計画して回るのがオススメです。

タイムスケジュールなど詳しくはこちらの公式サイトをご覧下さい。

Adventure World|アドベンチャーワールド

とれとれヴィレッジ

今回宿泊したホテルがこちらの「とれとれヴィレッジ」

後で紹介するとれとれ市場のすぐ近くにあります。

とれとれヴィレッジ
とれとれヴィレッジ

こんな感じでコテージのような部屋になっているので、ホテルのように隣を気にしなくていいところがいいですね。

とれとれヴィレッジ
とれとれヴィレッジ

部屋の中もかなり綺麗でいい感じでした。これなら小さなお子さん連れでも安心できそうです。カップルにもオススメできます。

ペット連れでも宿泊できるのもペットを飼っている人には嬉しいところ。

食事と風呂は少し離れた所まで歩いて行く事になります。食事の方は「とれとれ亭」でのバイキング形式になります。

バイキングはチェックインの順番によって時間が決められます。早めに食事をしたい人は早めのチェックインがいいと思います。バイキングは子供には楽しいんではないでしょうか。

風呂は二つあって食事をする所「とれとれ亭」のすぐ横にある風呂と少し離れた「とれとれの湯」と両方利用する事ができます。どちらかというとやはり「とれとれの湯」の方が露天風呂など風呂の種類が多くてオススメです。

なお、ホテルから「とれとれの湯」までは無料送迎もあります。


ちょうどホテルではイルミネーションもやっていました。その他すべり台がある公園もホテルの施設内にありました。

公式サイト▶とれとれヴィレッジ

他にも白良浜まで歩いて行けるこちらのホテルもオススメです。海水浴場開設シーズンは付近の駐車場はどこもいっぱいの上駐車料金がかなり高いため、海水浴場まで歩いて行けるこちらのホテルが便利です。このホテルの部屋からはビーチが一望できます。

公式サイト▶リゾートホテル ラフォーレ南紀白浜

白良浜

白良浜

エメラルドグリーンの白良浜。

白良浜

2日目に向かったのは有名な西日本最大級の海水浴場白良浜です。ここは夏場には大勢の人で賑わいます。

真っ白な砂浜にエメラルドグリーンの海。本当に綺麗な海です。さすがに海水浴はできませんが、今の時期には無料で入れる足湯がありちょっとした休憩にもオススメです。


今の時期、夜間にはイルミネーションもあるみたいなので夜覗いてみるのもいいと思います。

夏場の海水浴の時期には毎日花火が上がってます。メッセージ花火も受付けしていますので、普段言えないメッセージや愛の告白などをしてみると盛り上がる事間違いなしです。空振ったらすみません。

この花火は白良浜の浜辺で打ち上げられていて先ほど紹介したホテルリゾートホテル ラフォーレ南紀白浜では部屋から見ることができます。

白浜観光協会公式サイト▶南紀白浜温泉メッセージ花火

円月島

円月島

白良浜のすぐ近くにあるのがこの円月島。車なら5分くらいで行く事ができます。見事な岩の形を作り上げた自然の力に驚かされます。できる事なら夕焼け時に見てみたかったです。夕日とのコラボレーションは素晴らしいとのことです。

この付近はスキューバダイビングも盛んなようでダイバーの方も多く見られました。

白浜観光協会公式サイト▶円月島

とれとれ市場

とれとれ市場

最後に立ち寄ったのが「とれとれ市場」。

海鮮やお土産を買う事ができます。

とれとれ市場

マグロの解体ショー。海鮮バーベキューなどもできます。

とれとれ市場 海鮮丼

オススメなのがこの海鮮丼。1500円しますが、すごいボリュームの海鮮ネタが入ってます。この他にも伊勢エビが入ったとれとれラーメン(1550円)などもあります。

試食もかなりあって楽しめますのでお土産を買うならここで買うのがオススメです。

公式サイト▶とれとれ市場 南紀白浜

さいごに

南海フェリー

帰りは和歌山港からチケットを購入し、フェリーで帰りました。和歌山港ではドライブスルーでは購入できないので注意して下さい。車から降りてチケット売り場で購入する必要があります。

南紀白浜、徳島からはそんなに時間がかからないし、何より車の運転をそれほどしなくて済むので比較的楽です。大阪からもそれほど遠くないので気軽に行けると思います。

食べ物は美味しく景色は綺麗。その上温泉も最高という事で、かなりオススメな観光スポットだと思います。

夏場に海水浴がてら行くのもいいですが今の時期でも充分楽しめます。夏場の休日は相当混みますからね。

最後に徳島について娘から言われた「車の運転お疲れさま。ありがとう。」の一言がとても嬉しくて疲れも一気に吹き飛びました。

それにしても旅行は非日常感が楽しくていいんですが、現実に戻された時のなんとも言えない気持ちが……

まあ、またどこかに旅行に行けるよう頑張ろうって事でヨシとしましょう。他にも徳島から気軽に行けてオススメの観光地があれば是非教えて下さい!

では、今日はこの辺で!!

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.