TOP > Life Hack > タスク管理 > This Entry
Life Hack

DraftsでGTDが捗る!私のDrafts4の使い方

Drafts GTD

新しくなったDrafts4が発売され、ようやく使い方が落ち着いてきたので紹介します。

高機能なメモアプリのDraftsはSNSに投稿したり、ブログエディターとしても使えたりと様々な使い方ができるんですが、私はDraftsではGTDの手法を取り入れた使い方をしていて全てのメモを集約するようにしています。

それでは私の使い方を紹介します。

そもそもGTDとは?

まず、GTDというのはデビッド・アレンという方が提唱するタスク管理方法で正式名称を『Getting Things Done』と言います。

図にするとこのようになります。

GTD

簡単にいうと頭の中にあるものを何かに書き出しておき、頭をスッキリとする事で今やる仕事に集中するという手法です。

GTDについて詳しく知りたい方はこちらのブログや書籍が参考になります。

THROUGH MY FILTER

GTDのツールとしてはOmniFocus 2 for iPhoneを使ったりEvernoteを使っている人がいたりと様々ですが、私はDraftsに全て集約する様にしています。

Draftsを使ったGTDのやり方

以前ブログに書いた事もあり基本的な使い方としては変わっていませんが、使っているアプリがかなり変わりました。

この記事で言うところの『SpeedMemo』のところがDraftsになっているイメージです。

▼図にするとこのような感じになります

Drafts GTD

簡単に説明すると

  • 全てのメモをDraftsに入力する
  • 予定はカレンダーへ
  • タスクはTodoへ
  • メモ・ログ・いつかやる事はEvernoteへ
  • 重要事項はリマインダーアプリへ

このような感じで処理します。

各アプリの連携

▼こちらがDraftsに登録しているアクション一覧です

Drafts

Draftsの基本的な使い方はこちらの記事を参考にして下さい。

高機能メモアプリDrafts 4の使い方〜基本編1〜

Todo

私はタスク管理にはtoodledo用アプリTodoを使っているのでタスクとわかるものはこのアプリに渡します。

▼まずDraftsに登録しているメモからTodoを起動します

Drafts

▼インポートするか聞かれるのでインポートし日付などの必要項目を入力します

Drafts

▼登録できました

Drafts

▼Draftsに登録するURLスキームはこちら

Draftsをお持ちの方はこちらから登録できます。

以前は『速Todo』に連携し登録するようにしていましたが、iOS8にしたあたりからフォルダーの選択ができなくなったのでTodoに連携するようにしました。

カレンダー

Week Calendar
Week Calendar (無料)
(2014.10.31時点)
posted with ポチレバ

予定とわかる物はカレンダーに登録します。

カレンダーに登録するアクションはDraftsのデフォルトにあるので省略します。ちなみに私はカレンダーアプリには『Week Calendar』を使っていて、リマインダーアプリ『Due 』に連携する事もできます。

Evernote

SmartEver
SmartEver (200円)
(2014.10.31時点)
posted with ポチレバ

思いついた事・ログ・ブログネタやメモなどはEvernoteに登録します。私は素早いノート閲覧が可能になる『SmartEver』を使っています。

タグ選択

思いついた事にはタグを選択して登録しています。これには『Launch Center Pro』のリスト機能を利用しています。

Launch Center Pro
(2014.10.31時点)
posted with ポチレバ

▼Launch Center Proのタグの選択画面

Drafts

▼まずメモから登録してあるアクションをクリック

Drafts

すると先ほどの『Launch Center Pro』のタグの選択画面が起動するのでタグを選択します。

Drafts

▼クリップボードにメモがコピーされるので貼り付けて保存します

Drafts

▼それぞれのタグをつける事によって見やすくなります

Drafts

このアクションでは選択したタグ以外にSmartEverのタグもつくようになります。必要がなくなれば削除すればSmartEverのタグが外れて一覧からなくなります。Evernote自体からは削除されません。

▼Draftsに登録するURLスキームはこちら

drafts4://x-callback-url/create?text=[[draft]]&action={{Copy to Clipboard}}&x-success=
{{launch://?url=smartever%3A%2F%2Ftext%3Ftag%3D%5Blist%3A%E3%82%BF%
E3%82%B0%7C%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%8D%E3%82%
BF%7C%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E6%94%B9%E5%96%84%7C%
E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%8B%7C%E6%AC%
B2%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE%7C%E6%9C%AC%7C%
E6%98%A0%E7%94%BB%7C%E8%8A%B8%E8%83%BD%E4%BA%BA%5D}}

※注意:このアクションはLaunch Center Proのアプリで設定していないと使えません。

▼Launch Center Proの設定についてはこちらを参考にして下さい

LOG

私はその日の主な出来事や感情などのログを簡単にEvernoteにつけるようにしています。1日の終わりにそれを元に振り返りながら手帳に記入するようにしています。

その日の出来事もなかなか思い出せないものですが、一言でも記録しておくとそれがトリガーとなり思い出す事ができます。

DraftsではEvernoteアクションの設定で1つのノートに追記していく事ができます。

▼Evernoteのアクション設定から

Drafts

▼各項目を入力

Drafts

タイトルに[[date]]とする事でノートタイトルが日付になります。ノートブックとタグを指定する事もできます。私の場合タグにSmartEverを指定しています。これは後から閲覧しやすくするためです。

次にWrite typeをappendにします。これで一つのノートに追記していく事ができるようになります。

最後にCONTENTに[[draft]]と[[time]]を設定しています。[[draft]]でDraftsに書いた文を[[time]]で日付と時刻が挿入されます。

▼このように1つのノートに追記していく事ができます

Drafts

1日を振り返る時にSmartEverのタグがついているので簡単にSmartEverで閲覧する事ができます。振り返りが終わり必要なくなればSmartEverから削除(SmartEverのタグを外す)すれば一覧から消えます。

この設定をすればPostEver 2 『EverGear』のような使い方ができます。それら専門のアプリと違い写真の添付はできませんが、この方法の方が振り返りがしやすく気に入ってます。

Memo

DraftsでのEvernoteアクションでタグ選択や追記の形ではなく普通にメモをする設定もしています。

▼SmartEverのタグをつけています

Drafts

いたってシンプルな使い方で書いた文を一つのノートにする事ができます。学んだ事や大事な事を記録するのに使ってます。

こちらにも日付と時刻、SmartEverのタグが付くように設定しています。

リマインダー

最後に絶対に忘れてはいけない事はリマインダーアプリの『Due』 に渡すようにしています。これに登録しておけばほとんど忘れる事はありません。

▼DraftsからDueのアクションを起動します

Drafts

▼Dueの登録画面に移動するので時刻を選び登録します。登録完了したらDraftsに戻ってくるようになります

Drafts

まとめ

この設定をしておく事で全てのメモをDraftsに集約する事ができるようになりました。

GTDで言う所のINBOXに当たる所をDraftsが担ってくれています。

深く考えずとにかく何でもDraftsにメモし後でそれぞれの項目に振り分ければいいだけです。

あまり使いませんがDraftsではこの他にも各SNSへのポストや検索などもできるように設定しています。

とにかく便利なアプリなので興味がある方は使ってみて下さい。

では、長くなりましたが今日はこの辺で!!

こちらの記事もおすすめ

Draftsについてもっとよく知りたい方はこちらのブログを参考にして下さい。

Simple Living *

アプリ検索用スクリプト text2applink が、先日バージョン 4.0.4 にアップデートした Drafts で使用不能になってしまったのでご報告します。 症状 text2applink は Drafts などのエディタアプリで HTML プレビュー機能を使って JavaScript

工学博士のLifelog Diary りんろぐ。
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.