TOP > iPhone > iPhone Homescreen > This Entry
iPhone

iPhoneホーム画面晒し!1画面運用をしている私の現在の使い方はこんな感じ!



今年も早いものでもう半年すぎてしまいましたね。ちょうどキリのいい所なので久しぶりにホーム画面の記事を書こうと思います。
前回のホーム画面晒しからかなり空いてしまいました。ちょうど半年に1回くらいで書いて残しておきたいと思ってます。

iPhoneホーム画面晒し!iOS7にアップデートし、だいぶホーム画面が定まってきたので紹介します!! - The Path



基本的な使い方は変わってなく1画面運用で使ってますが、配置アプリが前回からはかなり変わってしまい、今のホーム画面はこんな感じです。



こだわってるポイントは

  • 指が届きやすい所によく使うアプリを配置
  • 色分けする
  • ドックは3つのアプリで使う
  • フォルダはなるべく使わない


それでは、それぞれ説明していきます。

1列目



だいたい左手でiPhoneを持つので1番左のアプリ以外は指が届きにくいです。なのであまり起動しないアプリを配置しています。
Mailbox
Mailbox (無料)
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ
Gmailの処理に使ってます。メールをリストに振り分ける事ができるのを知ってますます便利に使わせてもらってます。スワイプ操作好きの私には欠かせないアプリになってます。

あとはカレンダーとフォルダを配置しています。カレンダーは日付の確認のために置いてあります。

月のアイコンと壁紙はこちらのサイトのものを使わせてもらってます。いつもお世話になってます!
いろいろ豊富なアイコンや壁紙があるので是非覗いてみて下さい。

▶︎iPhone・iOS7壁紙・ドックが消える壁紙|wallpaper to hide iPhone,iPad dock・Shelf type wallpaper.

フォルダにはランチャーに入れてるアプリをまとめて入れてます。
基本的にはランチャーから起動してますが、URLスキームに対応していないアプリでたまにしか使わないアプリはフォルダに入れてあり、使う時はSpotlight検索から起動しています。

Spotlight検索ではアプリのみ検索ができるように設定してあります。
Spotlight検索は使いたいアプリの頭文字を入力すればすぐにヒットするし、よく使うアプリほど上の方に表示されるので便利です。「、」か「.」で全アプリが検索できます。

また、これ以上アプリを増やさないようにフォルダに入りきらなくなれば何か使わないアプリを消すというルールを作ってます。制限を作る事で1画面で使えるし容量の節約にもなります。アプリは油断するとすぐに増えていってしまいますからね。
私のiPhoneのホーム画面が2画面になる時は新しくアプリをDLし試している時だけになってます。

2列目




ドックの使い方を見直しずっとドックに置いてあった連絡系アプリを2列目に移動しました。


その日の出来事や簡単なメモをこのアプリで時系列的にメモしています。以前はPostEverでしていましたが、このアプリの方が書いた文が残っていてどこまで書いたか確認しながら続きを書いていけるのでこちらのアプリを使うことにしました。PostEverは入力した文が見えないんですよね。
Evernoteに送信した履歴の確認も簡単にできるのでこのアプリを見ながら一日の振り返りをし手帳に記入してます。
LINE
LINE (無料)
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ

説明不要の連絡アプリ。ほとんどこのアプリを使って連絡のやりとりをしています。
乗っ取り被害が出てますので対策をしておいた方がいいですね。

▶︎まだ設定してない人は今すぐ設定を!LINEのPINコード設定で乗っ取り防止対策 - The Path

3列目




新しく入れたカレンダーアプリや音楽系アプリを配置しています。


無料とは思えないカレンダーアプリ。Facebookとの連携が便利。最近Evernoteのリマインダーとも連携できるようになり更に便利になってます。
音楽をストリーミング再生できるアプリです。洋楽をよく聞くならオススメです。多くのアーティストが参加していてそれぞれのアーティストがアップロードしている曲が聴けるのがいい感じです。最近のアップデートでは酷評されてますが、私には手放せないアプリです。URLスキームに対応しなくなったのでホーム画面に置いてます。
Google+
Google+ (無料)
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ

私が最近1番使っているSNSアプリ。他のSNSに比べるとなんていうか暖かいんですよね。ただ、通信量をかなり喰うのでそこは注意が必要です。

4列目




ランチャーとタスク管理アプリとSNS系アプリを配置しています。

Launch Center Pro
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ

最近のアップデートでランチャーの範囲を超えてしまった感じのアプリです。私はまだ使いこなせてませんけどね。

▶︎iPhoneのホーム画面を1画面運用している私のランチャーアプリの使い分け方!~Launch Center Pro編~ - The Path


Toodledo用アプリです。純正のToodledoアプリより使いやすいです。タスク管理はこれ1本でやってます。

Twitter用アプリ。いろいろ使ったけどこれが1番使いやすい。主に見ているリストの閲覧と投稿したりやりとりをするのはこのアプリで。時間があってゆっくり閲覧する時はリスト切り替えのしやすいJanetterを使ったりもします。
Facebook
Facebook (無料)
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ

昔からの友人との連絡用に使ってます。Facebookは実際に会った人だけ承認してるのでかなり絞って使ってます。会社関係の人とはほとんど繋がらないようにしています。

5列目




ランチャーアプリや時計などを置いてます。

ランチャーアプリです。このアプリからはログ系のアプリや音楽系アプリ・たまに開くSNS系アプリなどを起動するようにしています。

▶︎iPhoneのホーム画面を1画面運用している私のランチャーアプリの使い分け方!~Launch+編~ - The Path

iWorkspace
iWorkspace (300円)
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ

同じくランチャーアプリ。ブログ用アプリとルーチンワーク用のアプリをまとめてます。

▶︎iPhoneのホーム画面を1画面運用している私のランチャーアプリの使い分け方!~iWorkspace編~ - The Path

Zen
Zen (300円)
(2014.07.22時点)
posted with ポチレバ

最近リリースされたEvernoteのノート移動用アプリです。スワイプ操作でサクサク整理ができるのはやみつきになります。次回アップデートではURLスキームの対応もするそうです。Evernoteを使っている人は是非試してみてください。

これと後はアラーム用に純正の時計アプリを使ってます。

ドック




今回1番気に入ってるのがこのドック部分。3つにすることで他の列と違う微妙な位置にアプリがあってそれぞれのアプリが何と無く使いやすくなった気がします。
iPhoneを使っていて1番よく使うアプリを置いてます。


メモやタスクの登録は全てこのアプリから行っています。全てのアプリの起点となるアプリで手放せません。

ランチャーアプリです。カメラ系アプリを入れてます。

▶︎iPhoneのホーム画面を1画面運用している私のランチャーアプリの使い分け方!~Swipemint編~ - The Path


検索は全てこのアプリからやってます。何か調べたい時はこのアプリを起動してます。

こんな感じでドックには1番使う、メモ・写真・検索を配置するようにしました。

まとめ



だいぶ様子が変わりましたが、かなり満足できるようになってきました。

意識したのはiPhoneを使う時の目的です。

私が現在iPhoneに求めるのは

  • 連絡
  • カメラ
  • 音楽
  • コミュニケーション
  • タスク管理
  • スケジュール管理
  • メモ
  • ライフログ
  • 情報収集
  • 読書
  • ブログ
  • 検索


ザッとこれくらいです。
この中から優先順位を考えサッとすぐに使いたいアプリを厳選してホーム画面に置くようにしました。

iPhoneを使って自分が何をしたいのかよく考えてホーム画面を構成する事が大事だと思います。


また1画面という制約を作ることで何でもかんでもアプリを入れて置いていくのではなく必要最小限のアプリを使うことでシンプルかつ使いやすいようになってきました。

みなさんはどんな使い方してますか??

いろいろな人のホーム画面を見てみたいのでiPhoneを使っている人はこんな感じで使ってるっていうのをTwitter(@t_matumoto0215)やFacebookやGoogle+のコメントから教えてくれたら嬉しいです。

また、フォルダの中は省略してますので何か気になることがあればいつでもどうぞ!

では、今日はこの辺で!!

The path
Posted from するぷろ for iOS.
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.