TOP > iPhone > iPhone app > This Entry
iPhone

本格的な夏を迎えるまでに!ダイエットにオススメアプリ3選。食事ログにはミイルが最適です!


photo credit: Sander van der Wel via photopin cc



本格的にヤバくなってきました。
そう、体重です。

煙草を辞めてからというもの体重は増える一方…

▶︎超ヘビースモーカーだった僕が禁煙した方法! - The Path

おまけに先日受けた人間ドックでも数値が上がってきているようでした。
まさか自分にそんな心配をする時が来るとは思ってもみませんでした。

運動はずっとしているのに体重が増えるという事は食べ過ぎているという事。
確かに以前より食べる量が増えている気もします。
体重が増えているとは言ってもまだ標準体重くらい(以前が痩せ型だった)なので
今ならまだ間に合うはずです。

それにもうすぐ本格的な夏を迎え、海や川やプールへといろいろ行きたくなってきます。
これはそろそろ真剣にダイエットを考えたいところ!

先日のブログに書きましたが、お金の管理では記録をする事によってコントロールできるようになりました。

▶︎Fastzaimでサクサク軽快に支出入力!家計簿アプリZaimに入力するならこのアプリで決まり!! - The Path

なので体重の管理にも記録をとっていくのが1番だと思い真剣に食事ログをとって管理していこうと思いました。

今回はその方法とダイエットに使うアプリを紹介します!
面倒くさがりにこそオススメしたい方法です。

ダイエットに使うアプリたち



使うアプリはこの3つです。
素晴らしい事にどれも無料アプリたちです。

それぞれをどう使っていくかですが簡単に説明していきます。

BeCalendar



まずBeCalendarですが、これは単純に食べた物や運動を入力しカロリーの計算をしてくれるアプリです。

1日の摂取カロリーは個人差がありますが、1800~2200cal程度だと言われます。
この残りカロリー数を表示してくれます。バッジで残りカロリー数を表示する事もできます。

▼必要事項(身長・性別など)を登録し、アプリを起動するとこの画面になります。残りカロリーがすぐにわかります。


▼検索して入力を選択すると、かなりの量の食べ物やお店の料理が出てきます。


他の似たアプリを試した事がありますが、このアプリの方が圧倒的に食べ物の種類が多いです。
それでもどうしてもない場合は「直接入力」からカロリー数を入力することもできます。
また、動作もサクサク感を大事にする私にも満足するレベルです。

▼検索するとこんな感じです。


最近入力した食べ物が上の方に表示されるのも地味に便利です。
また、食べ物を入力する場合には単位に気をつけて入力してください。

▼例えばこの場合だと100gでのカロリー表示。一袋は400gなので一袋食べた場合は約4倍になります。


▼食べ物のカロリーがわからない場合はGoogle検索ができる機能も用意されてます。痒い所に手が届きますね。


このアプリには朝・昼・夜にリマインダーで通知もしてくれるので忘れる事もないと思います。
また、月々課金する事でグラフの確認もできるみたいですが、私がこのアプリに期待するのはだいたいのカロリー摂取量の目安が知れたらいいだけなので、特に使ってません。

Mystats

MyStats
MyStats (無料)
(2014.06.22時点)
posted with ポチレバ


Mystatsは単純に体重と運動を記録し、体重変化の推移を確認しています。

このアプリついては以前ブログに書いたのでそれを参考にしてください。
グラフ化して見れるのがポイントです。

▶︎新年度を迎えてMyStatsによるライフログの見直しをしてみます! - The Path

ミイル



そして最後に今回特にオススメしたいのがこのミイル。メジャーなアプリなので結構使ってる人も多いかもしれません。
本来はアップした食べた物を共有しワイワイするのが目的なアプリなんですが、実は食事ログに便利なアプリだと言うことに気づきました。

いつもいつも立派な食べ物を食べているわけではないので、写真をアップするのもどうかと思い正直あまり使ってなく、これまでは外食した時くらいしか使ってませんでした。

しかし、先日よく見てみると自分のみが閲覧できる非公開設定で写真を保存できる事に気づきました。



▼アップしたらこんな感じです。右下に鍵があるのがわかると思います。これで他の人からは見えません。


▼写真の確認はマイページから自分の写真を選択。


▼こんな感じのカレンダー表示で確認できます。見やすいですよね。


▼カレンダーには写真の撮影日時から勝手に振り分けてくれます。


便利なのがここなんですよね。自動で日時を判断してくれるので、とりあえず撮影しておき後で時間が空いた時にアップロードする事ができます。

私の場合は撮影には音が出ないカメラアプリOneCamを使用しています。



OneCamから直接ミイルにアップロードする事もできるんですが、私の場合は後でアップロードするようにしています。早く料理食べたいですしね。

▼カメラロールの呼び出しはこんな感じでします。


そしてアップロードした写真はiPhoneのカメラロールからは削除するようにしています。
こうする事でiPhoneの容量の節約にもなります。何よりカメラロールがゴチャゴチャなるのがイヤなので、これでスッキリします。

この方法だととりあえず撮影しておくだけでいいので、いちいち記録していく必要もないし、レコーディングダイエットには最適な方法なのではないかと思ってます。

まとめ



photo credit: petekraynak via photopin cc

以前は写真を撮影してEvernoteで食事ログを残していこうとやっていましたが、Evernoteでは振り返りがしにくいし、何よりアップロードしてノートの整理をするのが手間で続かなかったんですよね。
それにEvernoteの容量も気になりますしね。

ミイルでやると容量を気にしなくて済むし、カレンダー形式で振り返りもしやすいです。
それに料理を美味しそうに見えるような写真の加工も簡単にできます。
また、当然ですが共有したい料理は鍵をかけずそのまま共有する事もできます。

ズボラで面倒くさがりな人には是非オススメしたいレコーディングダイエット方法です!
もちろんダイエットのためだけでなく、純粋に食べた物のログをとりたい人にもこのミイルはオススメです。

ミイルのオススメポイントをまとめると

  • 写真の加工が簡単
  • 勝手に日時を振り分けてくれる
  • 写真を削除する事でiPhoneの容量の節約になる
  • カレンダー形式で振り返りがしやすい


私もまだ始めたばかりなのでダイエット効果はまだですが、なんとか成功させたいと思います!
ダイエットは好物である甘い物を控えな厳しいかもしれませんが…

まぁ頑張ります!
では、今日はこの辺で!!


MyStats
MyStats (無料)
(2014.06.22時点)
posted with ポチレバ





The path
Posted from するぷろ for iOS.

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.