TOP > Books > 読書レビュー > This Entry
Books

一つ3000円のガトーショコラから学ぶ小さな店が勝つための戦略



わりとチョコレート好きなTaka(@t_matumoto0215)です。

写真のこのガトーショコラは「ケンズカフェ東京」の1本3000円する高級品です。
なかなか気軽に買える価格ではありませんが、そんな高級品でも飛ぶように売れています。

本書ではその秘密を包み隠さず書かれています。
お店をしたい人はもちろん、それ以外の方にも参考になる事が多く書かれているので紹介します。

常識を破る価格設定



photo credit: The World According To Marty via photopin cc

常識的に考えると小ぶりなガトーショコラが1本3000円と言うのは高すぎます。しかし、だからこそ話題になりますし、「3000円のガトーショコラって一体どれだけ美味しいの?」とよりディープなチョコレート通の食指が動きます。(P.41)



確かに中途半端な価格設定をするくらいなら、これくらいインパクトがある方が興味が出てきます。

もちろんただ高いだけで、中身が伴っていないのは話になりませんが、著者は味に絶対の自信があるからこそできたのだと思います。

それに、価格を高めに設定している事で最高級の素材を使えるところも好循環になっています。

また、お店の商品をガトーショコラ1本に特化している所もクオリティの高さを維持する秘訣だと思います。


徹底したブランド化戦略



photo credit: zoetnet via photopin cc


ブランド力強化の一助として私が意識しているのは、自らの見聞を広めるために他の分野の一流を知ること。そのために実践しているのが、あらゆる分野の本質を追究するため、「100」をキーワードに一流を極める努力です。(P.92)



著者は商品のブランド力を広めるために、色々な分野のサービスを100件以上回り経験し自らの見聞を広めているそうです。

「本物になるには本物を知るしかない」という事ですね。

それにしても床屋やクリーニングを100件以上も行ってるのはすごいですね。

その他にもこの著者のお店は徹底したブランディングを行っています。

お釣りは必ず新札で渡すようにしたり、パッケージも他ブランドを参考にし、高級感あふれるパッケージにしているそうです。

これだとまるでブランド品をプレゼントしてくれているような気持ちになりますし、実際にプレゼントとしていただいたら嬉しいですよね。

ソーシャルを利用した情報収集と柔軟な対応



photo credit: Mayu ;P via photopin cc


時代から半歩だけ進んだ味を追求し進化し続けるのが、多くの方から愛され続ける秘訣だと私は思っています。そのために「自分の味は何があっても変えない」と意固地になるのではなく、時代に合わせて味を変える勇気を持ちたいと思っています。(P.158)



時代から少しだけ先をいくのがポイントだとか。確かにこれは納得です。
あまり先を行き過ぎても浮いてしまうし、そのままだと必ず飽きられてしまいます。

成長しない企業は衰退していくだけです。
これは個人にも言える事だと思います。

著者はそのためにソーシャルでの情報収集を怠らないようにしているそうです。
具体的にはFacebookTwitterなどの声を必ずチェックしているのだとか。

ここでその声に柔軟に対応していっているのが凄い所です。
よく売れてくると調子にのって人の意見を聞き入れない人が多いものですが、これは見習いたい姿勢ですね。

走りながら考える



photo credit: kaneda99 via photopin cc

壁にぶつかっているなら勇気を持って変革の一歩を踏み出さないと、なにもはじまりませんし、何も変わりません。走りながら頭をフル回転させて考えて、走りながら修正する人だけが、チャンスをものにして”化ける”ことができる。(P.184)



とにかく動き出すこと、そして考えながら修正していく。
著者はそうしてチャンスを手にしたそうです。

実際に藤井フミヤさんのような超一流アーティストにこのガトーショコラを紹介されブレイクしたそうですが、それも走り続けていたからこそ実現したことです。
その詳しいいきさつは是非本書を読んでみて下さい。

あと、著者は逃げ道もきちんと作って挑戦していたとの事です。
無謀な挑戦ではなくきちんとした計画が必要ですね。

まとめ




私がこの本を読んで感じたのは

  • 徹底したブランディング
  • 徹底した顧客視点


の2点です。

徹底したブランディングをする事で商品の品格を上げ特別感を演出しています。

感心したのは、顧客の声を反映して味を微妙に変化していっているところ。

よくある頑固親父ではありませんが、変なプライドでお客さまの要望を聞き入れないのではなく、声を積極的に取り入れていく徹底した顧客視点は見習いたい姿勢ですね。

ブログも同じで読者の声や反応をもとに改善していく事でもっとわかりやすくいい記事が書けるようになっていくと思います。

色々と勉強になる事が多くオススメの本です!
ただ、この本を読んだらガトーショコラが食べたくなってきます!これも戦略なのかな??(笑)

ちなみにこのガトーショコラは通販で買う事ができるので是非どうぞ!

公式サイトから買う事ができます。
公式サイトも高級感溢れる作りになってるあたりがさすがです

ガトーショコラの最高峰|ケンズカフェ東京の特撰ガトーショコラ公式サイト






The path
Posted from するぷろ for iOS.

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.