TOP > iPhone > iPhone Tips > This Entry
iPhone

バックアップの大切さを学んだ日と今後の対策について


photo credit: Tjook via photopin cc



頭が真っ白になるとはこの事かと思いました。
先日の週刊ブログでも少し触れましたが、先日iPhoneのアップデートが来ていたのでいつも通りアップデートをしたら、なんか様子がおかしい…
なんとデータが全て消えてしまいました。
まさかの工場出荷状態に…

アップデートの時はバックアップをとっておいた方がいいという話はよく聞きますが、今まで大丈夫だったし、めんどくさがりなのでした事がなかったんです。
けどこんな事になるとは…

だいぶiPhoneの設定も元の状態にもどってきましたが、もう2度とこんな目にあいたくないので、今回はiPhoneのバックアップについてまとめてみる事にしました。

iPhoneのバックアップは2種類

  1. iTunesでのバックアップ
  2. iCloudでのバックアップ


まず基本的な事なんですが、iPhoneをバックアップするには二つの方法があり、クラウド保存のiCloudによる方法とPCを使ったバックアップがあります。

iCloudによるバックアップは、特に意識してなくてもWi-Fi環境であればバックアップできます。

設定→iCloudから




▲ここをオンにしておくと、1日1回自動でバックアップをとってくれます。

条件として
  • 充電中
  • ロック画面中
  • Wi-Fi中
  • iCloudに空き容量がある


要するにWi-Fi環境なら特に意識しなくても夜充電しながら寝てる間にバックアップは作成されます。
なお、「今すぐバックアップを作成」をクリックするとその場でバックアップできます。

基本的に音楽データ以外はバックアップできますが、バックアップする項目は選択できます。

なお、バックアップするアプリの選択もできます。

設定→iCloud→ストレージとバックアップから



▲いらないアプリはオフにすることで容量の節約もできます。

こんな感じでバックアップされてるはずなんですが、今回私の場合はどうやっても復元する事ができず…
多分よく調べてやればできたかもしれないんですが、仕事に行くまでに時間がなかったのと、パニックになっていたのとで、冷静に判断できませんでした(汗)

で、結局1からアプリを入れ直す事にしました。

やはり定期的にPCにもバックアップしておくべきだと心から思いました(泣)

PCへのバックアップはケーブルで繋いでiTunesを起動し、バックアップするだけです。


▲少し見にくいですが、iCloudかPC自体に保存するか選択する事ができます。

iTunesでバックアップをした方がiCloudでバックアップする方法より多くの種類のデータをバックアップする事ができます。
これを定期的にやっておく事をオススメします。

消えた各データたちと今後について


消えてしまった各データと、今後どう対策していくかを書いておきます。
参考にどうぞ!!

写真

なくなって困るものといえば写真ですが、写真データはクラウドに保存していたので問題ありませんでした。

この設定は絶対やっておいた方がいいと思います。
思い出の写真がなくなったら本当ツラいですから。

私は、Google+での自動バックアップとDropboxと二重に保存しています。
Google+によるバックアップならほんとんど意識せずに無制限にバックアップできます。(写真サイズは限られます)

参考記事▶︎iPhoneで撮った写真は、Google+・Dropbox・Apertureでバックアップしてます - 拡張現実ライフ

Google+
無料
(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ

Dropbox
無料
(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ

Picport
300円
(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ

▲写真の転送には色々なサービスに送る事ができるこのアプリがオススメ!
アプリ


アプリがなくなってしまったのは本当にショックでした。
しかし、アプリの整理にちょうどいい機会だと発想を転換する事にしました。

なぜか購入履歴からアプリを確認する事ができなかったので最初困りましたが、定期的にホーム画面のスクショを撮っていたので1画面目のアプリはすぐにDLしてとりあえず元通りにする事ができました。
各アプリの設定はまた1からですが…
なお、1度購入したアプリは同じApp IDからDLした場合料金は発生しません。
購入履歴が消えていたので一瞬迷いましたが、大丈夫でした。

後は思い出せるアプリを落としていく事にしました。
そもそも思い出す事ができないアプリは自分にとって必要がないそれだけの関係だったんだと割り切る事にしました。

アプリの設定で役に立ったのが自分のブログです!

自分のブログに設定を書いていた物は今まで通りの設定に戻す事ができました。
ブログ書いていて助かりました。

ただ、ランチャーに登録したアプリのURLスキームを再度調べるのが大変だったので、これからは登録したURLスキームをどこかに記録しておいた方がいいなと思いました。

また、私はSeeq+ - 新世代検索ランチャーを使ってたんですが、登録しているアイテムが全て消えてしまいました。
ブックマークはiCloudをオンにしていたおかげで助かりました!

アプリ自体にアイテムをバックアップできる機能がある場合はしておいた方がいいですね。

seeqの設定から

▲iCloudをオンにしておくとブックマークは保存されてます。
アイテムはバックアップしなければいけません。
バックアップは自分で設定しておく必要があります。



▼自動バックアップをオンにしておくとアイテムを編集する度に自動でバックアップされます。
私の場合はこの設定をしていなかったので全て消えてしまいました。


この設定をしてない人は是非見直して下さいね。
私もしようと思っていたけどつい先延ばしにしていて結局こういうことになってしまいました(泣)


ライフログデータ


次に最も困ったのが、このライフログデータ。
今まで記録していたデータが全てパーになりました(涙)

私の場合は習慣のチェックにStreaksとLiftを使い、体重や筋トレをMy Statsで記録していました。

参考記事▶︎新年度を迎えてMyStatsによるライフログの見直しをしてみます! - The Path

せっかくいい調子で記録していたんですが、このデータが全部なくなってしまったんですよね。
一気にテンションが下がりましだが、仕方ない。

ここで助かったのが、習慣の記録に使っていたLift。

これはクラウドに保存する形なので再度アプリをDLしログインしたら元通りのデータのまま!

これは助かりました!
早速それを元にStreaksも元通りにする事ができました。

習慣をチェックしている人はデータがなくなった時の事を考えLiftを使用する事を強くオススメします!
ただ、パッと簡単に記録を確認する事ができるStreaksもこれはこれで使いやすいのでこちらも併用して使っていきます。

日々の体重管理などのライフログにはMyStatsを使用しています。
MyStatsはDropboxにデータを保存する事ができます。

▼やり方は設定→ツールから

▼バックアップをクリックするだけ


こんなに簡単にバックアップできるとは!
ワンタップでできるのでMyStatsを使用している方は定期的にバックアップをとっておいた方がいいですよ!!

他のライフログとして金銭管理にはZaimを、日記としてDayOneを使ってましたが、Zaimはクラウド保存ができるので問題ないし、DayOneはDropboxにバックアップをとっていたので元通りにする事ができました。
それにしてもクラウドって本当にありがたいです!

参考記事▶︎今年こそ日記を続けたい人に!どうしても日記が続かない私が日記アプリをEvernoteからDay Oneに変更した3つの理由 - The Path

Day One (日誌 / 日記)
500円
(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ


MyStats
無料
(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ


Lift - Daily Motivation
無料
(2014.05.09時点)
posted with ポチレバ

さいごに



今回バックアップの大切さがイヤというほどわかりました。
そして、iPhoneがどれだけ自分の生活に大切なのかもよくわかりました。
本当大げさでなくiPhoneがなかったら生活に支障をきたします。

ここで今回学んでこれから実行していく事をまとめておきます。

  • iTunesによるバックアップを定期的にとる
  • 写真データは必ずバックアップする
  • ホーム画面は定期的にスクショを撮っておく
  • アプリにバックアップがあるものは必ず設定し定期的にバックアップする
  • 記録アプリはなるべくクラウド保存ができるアプリを選ぶ
  • 設定はブログに書いておく
  • ランチャーアプリに登録したアプリのURLスキームは控えておく


定期的なバックアップは忘れないようにリマインダーアプリなどをうまく使うといいと思います。
私も早速タスク管理アプリに登録しました。
本当に今回は色々と勉強になりました。

みなさんも本当に気をつけて下さいね!

では、少し長くなりましたが、今日はこのへんで!!

The path
Posted from するぷろ for iOS.
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.