TOP > iPhone > iPhone app > This Entry
iPhone

iPhoneのホーム画面を1画面運用している私のランチャーアプリの使い分け方!~Swipemint編~



前回からランチャーアプリの使い方の記事を書いてます。

iPhoneのホーム画面を1画面運用している私のランチャーアプリの使い分け方!~Launch Center Pro編~ - The Path



今回は私がiPhoneを買った時からずっと愛用しているランチャーアプリ「Swipemint」を紹介します。

Swipemintって?



この「Swipemint」というアプリは「 Fotojam」「Seeq+」などをリリースしている@rivawanさんによる、かなりシンプルなランチャーアプリです。
このミント色もいい感じで私は気に入ってます。

4つのアプリのURLスキームを上下左右それぞれにセットしておきます。
そして上下左右にスワイプするとそれぞれのアプリが起動できるというランチャーアプリです。


▲アプリの起動画面
ご覧の通り私はカメラアプリをセットしています。
この画面で上にスワイプすると「One cam」が起動します。

設定の仕方



▲右上の歯車から設定できます


▲設定画面
上側に名前を下側にURLスキームを入力します。

これだけで起動する事ができます!
URLスキームを調べるにはこちらの記事がオススメ

総計290個以上掲載!iPhoneアプリのURLスキーム一覧



私がセットしているアプリ



私の設定しているアプリを紹介します。


OneCam




上にスワイプで「One cam」が起動します。
シャッター音が鳴らずかつ画質もいいこのアプリでほとんどの写真を撮ってます。
これはiPhoneユーザーには本当にオススメのカメラアプリです。

▼参考記事
OneCam — シャッター音が消せる!万能 iPhone カメラアプリ!! [定番iPhoneアプリ紹介] | No Second Life



URLスキーム↓
onecam-photoapplink:



写真


続いて左にスワイプで純正の写真が起動します。
これは撮影したアプリを確認したい時や削除したい時のためにセットしています。
他の写真閲覧できるアルバムアプリでは削除はできないのでどうしても純正のこのアプリが必要になってきます。

URLスキーム↓
photos-redirect:



Scanner Pro





次に右スワイプでスキャナーアプリの「Scanner Pro」をセットしています。
書類を簡単にPDF化する事ができます。
もちろんEvernoteとも連携できます!
私はこれに必要な書類をスキャンしていつでも見れるようにしています。

▼参考記事
私もこんな感じで使ってます!
iPad(iPhone)だけで学校のプリントを「デジタル化」する方法 | yossense



URLスキーム↓
spprint:


Frontback



Frontback
無料
(2014.04.19時点)
posted with ポチレバ


最後に下にスワイプで「Frontback」です。
少し通常のカメラアプリとは違いSNSアプリに含まれるかもしれませんが、Frontbackは後で写真を選らんで投稿が出来ません。撮影してその場で投稿しなければいけないためすぐに起動して撮影ができるよう、セットしてます。

参考記事▼
次々に新しく生まれる斬新なアイデアのiPhoneアプリ!「Frontback」「Jelly」を使ってみよう!! - The Path



URLスキーム↓
frontback://


まとめ



このアプリは設定も難しくなく初心者にもとっつきやすいランチャーアプリだと思います。

オススメするポイントをまとめると

  • 初心者でも使いやすい
  • 起動が早い
  • スワイプ操作が気持ちいい


ポイントは登録するアプリをカテゴリーで決めておくといいと思います。
私の場合はこのランチャーアプリには写真撮影系のアプリを登録しています。

これで撮影シーンに合わせて、上下左右にスワイプする事で起動するアプリをいちいち見なくても選択できるようになります!!

みなさんも是非使ってみてください!
では、今日はこの辺で!!



The Path

Posted from するぷろ for iOS.
Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.