TOP > Books > 読書レビュー > This Entry
Books

新社会人にこれだけは読んでおいて欲しい本10選



今まで色々なビジネス書を読んできました。
今回はその中からこれだけは読んでおいた方がいいという本を紹介します。


道をひらく



まずは当ブログのタイトルの参考にさせていただいている経営の神様松下幸之助の書籍です。
読みやすくてすぐに読めると思います。
内容は仕事というより人生訓みたいな感じです。
他にも数多くの書籍がありますが、[新装版]社員稼業なんかもオススメです。


人を動かす



これは定番のD・カーネギーの名著。
人との接し方をさまざまな事例を挙げて紹介されています。
合わせて落ち込んだ時に効く道は開ける 新装版を読むのもオススメ!


プロフェッショナルの条件



ドラッカーの書籍のなかでは自己啓発的な内容で読みやすいのでオススメです。
もしドラという小説もありますがやはり普通のも読んでおきましょう。


7つの習慣




巷に溢れる多くの自己啓発本はほとんどこの本の焼き回しと言われます。
なのでこの本を抑えておけばいい思います。
少し分厚いですが、私も繰り返し読む事が多いです。
なかなか実践するのは難しいかもしれませんがね。


自助論



確か勝間和代さんが昔オススメしていたと思います。
「天は自ら助くるものを助く」のフレーズはあまりに有名です。
単行本もありますが、文庫本が持ち運びしやすくてオススメ!

ストレスフリーの整理術



この本は少しテクニック的な要素がある本かもしれませんが、こういうGTDというやり方があるのは知っておいた方がいいと思い挙げました。
GTDの教典的な本ですので。
考え方としては外部ツールに頭の中の記憶を預けてスッキリして仕事をしようという内容です。
私はこれにどれだけ助けられたかわかりません。

▶︎iPhoneアプリを使用したGTDをまとめてみた! - The Path

自分の中に毒を持て



ちょっと新社会人向けとは言えないかもしれないけど、この本は若者には絶対に読んでおいて欲しい本なので挙げました。
元気を出したい時にどうぞ!

もりもりっとファイトがおこってくる岡本太郎の8つの言葉~書評:「自分の中に毒を持て」by岡本太郎~ | jMatsuzaki






論語



論語というと古臭いイメージがあるかもしれませんが、大切な人生訓が書かれていて是非読んで欲しいです。
やはり何千年と読み継がれているのにはそれなりの理由があります。
さまざまな論語本がありますが、今回紹介した本は初心者向けで読みやすくてオススメです!Kindle本なので、スマホからスキマ時間に論語の言葉に触れましょう。


最強の人生指南書



これも古典ですが、論語は中国の本ですが、この本は日本人である佐藤一斎という儒学者で西郷隆盛など幕末の志士に絶大な影響を与えた人物が書いた本を齋藤孝さんがわかりやすく解説した本です。



司馬遼太郎の歴史小説







ここからはビジネス書ではなく歴史小説です。
司馬遼太郎さんの有名な小説です。
日本人の教養として知っておいた方がいいと思います。
おそらくほとんどの経営者は読んでいると思うので。
それだけでなく純粋に面白いですしね。
他にもたくさんありますが最低限この2つは抑えておいた方がいいかと思います。

今回紹介したこの2つ小説はいずれも四国が関係するので同じ四国として親近感もありますし誇らしく思います。

さいごに



いわゆるノウハウ系のビジネス書というのは実践しなければ意味がないんですが、今回紹介した本はどれも普遍的な考え方が書かれた名著と言われる本ばかりです。
もうすでに知っているし読んでいる本ばかりだったかもしれませんが、まだ読んでない本があれば是非読んでみてください。
すでに読んでいる人も読み返してみるのも面白いですね。

もちろん新社会人以外の方も読んでない本があれば是非どうぞ!


他にもこんな本がオススメっていうのがあれば教えて下さい!!
では今日はこの辺で!!

The Path

Posted from するぷろ for iOS.

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.