TOP > Life Style > 考え方 > This Entry
Life Style

新社会人になる人に教えておきたいこと




早いものでもうそろそろ4月という事で新社会人になられる方もいるかと思います。
おめでとうございます!

楽しみにしてる方や意気込みのある方、少し不安な方、何も考えてない方などいろんな方がいるかもしれませんが、もうそろそろ準備が終わる頃かと思います。

先日冷静に計算していたらなんと私が入社した時に生まれた子供が入社してくる年になってました。
働き始めてもう18年も経つんですね…恐ろしい!!

って事で今回は軽くアドバイス的な事を書きます。
保険は入らなくてもいい?


別に偉そうに言うつもりはないです。そもそも仕事の事じゃありません。
ストレートに言うと「保険」の事です。
会社にもよると思いますが、職場に保険のセールスがやってくるんですよね。

それで巧みな話術で保険を勧めてくるんですよね。
当たり前ですが、保険セールスたちは得する事しか言いませんし、まるで入っていて当然かのように言ってきます。

冷静になって考えたらよくわかる事なんですが、入社してすぐの時は入るのが普通なのかと思ってしまいます。
あげくには常套句の「みんなが入ってる」と言ってきます。
それで会社の先輩方に聞いてみたら入ってるという。
それで入ってしまうんですよね。
よくよく考えてみると結婚してる方は入っている人の方が多いでしょう。

私も現在は保険に入ってますが、率直に言うと若い内(独身時)は保険なんて必要ないと思います。

そんな事にお金を使うくらいならそのお金で、自己投資や遊ぶお金などに使った方がよっぽどマシだと思います。
だいたいもし独身の時に死んだとしてお金を誰に残すんですか??
親に残したって喜びません。
親は子供からそんなお金をもらいたいとは思いません。
そんな事より元気でいてくれる方がいいです。

ケガや入院の時に困る?

社会保険に加入していれば健保組合から支給があります。
支給額は健保組合によって違いはありますが、だいたい標準報酬額の3分の2程度は支給される場合が多いです。
自分1人の生活だけなら充分すごせます。

この制度を逆手にとって体調不良を訴えて会社を休む人間もいるくらいですからね。


入院の時ですが、自ら希望しない限り個室に入院しても差額ベッド代は支払う必要はありません。
例えば個室しか空いてないからと病院から言われて個室に入院した場合は支払う必要はありません。

それを考えればそんなに高額な保険に入る必要はないと思います。
どうしても心配なら低料金で入院保障のみついている保険にしたり、よく考えて保険に入るようにした方がいいと思います。


まとめ


なぜ今回こういう事を書いたかというと自分の場合は深く考えずに保険に入ってしまっていたからです。しかも高額な保険に。
もっと他の事にお金を使っていればと後悔。
当時誰もそんな事については教えてくれなかったんですよね。

あの時誰か教えてくれていたらなぁと思ったので今回書いてみる事にしました。


保険の事だけでなく何にしてもみんなやってるしなぁと自分の考えももたずに流されるのはよくありませんよね。
自分は本当にあまり深く考えず行動してました。

やはりよく考えよく調べて自分の意思で行動していくべきですよね。
その方が後悔は少ないと思います。

しかし、保険のセールスが綺麗なお姉さんだった場合は….
仕方ないかもしれませんね!

では今回はこの辺で!!


自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう

  • 作者:ちきりん
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011-10-28


The Path

Posted from するぷろ for iOS.

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.