TOP > Life Style > Music > This Entry
Life Style

【EDM】このDJを抑えておけば大丈夫!おすすめの人気EDM系アーティスト!クラブミュージックまとめ~前編~


photo credit: Drew "Rukes" Ressler via photopin cc

クラブ系ミュージックはテンションを上げていきたい時に聞くようにしてます。

今回はオススメのクラブミュージックを紹介したいと思います。

EDMとは?

そもそもEDMというジャンルは、Electronic Dance Musicの略で、エレクトロニクスとポップなミュージックを融合した万人受けする総合的なクラブミュージックです。

音楽的歴史があるハウスやテクノ、トランスユーザーからは商業的だと批判をされることがあります。大衆化された音楽にコアなファンから批判を受けるのはありがちなことです。音楽的な観点からは、リズムやテンポに違いがあります。

最近では日本でも若者を中心に流行り始めていて、芸能人も数多く参加するULTRA JAPANが開催されています。

おすすめのEDM系DJ

David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)

超有名なDJなので知って人も多いと思います。
フランス出身で40代(若く見える!)
いろんなアーティストとコラボしてますよね。今のEDM人気を広めた立役者。

中でも私のお気に入りはこちら。
Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)とのコラボでカッコいいですよ!

Hardwell(ハードウェル)

世界NO.1DJと呼ばれるオランダ出身のDJです。
まだ、26歳だそうです!
とにかくとりあえず聞いてみて下さい! YouTubeやPodcastではHardwell On Airという1時間くらいのDJリミックスを無料配信してますので聴いてみて下さい。

無料でEDMを聞く事ができオフライン再生が可能になるiPhoneの「Podcast」

Skrillex(スクリレックス)


スクリレックスと言います。
独特な髪型が印象的なアメリカのDJ。
ダブステップと呼ばれる骨太な重低音が特徴。もともとはヴォーカリストでしたが声帯を傷めてDJに転向した経歴をもっています。
あまり背は高くなさそうです。
関係ないか!

ダブステップ(英語: dubstep)は2000年代前半にイギリスのロンドンで誕生したエレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種。非常に太いベース音と、リバーブのかかったドラムパターン、細切れにされたサンプル音、時折挿入されるボーカルなどを特徴とする ~wikipediaより~

Diplo(ディプロ)

アメリカ出身のDJで携わる作品はすべてヒット作となるヒットメーカー。MAJOR LAZER (メジャー・レイザー)としても活動しています。

他にもスクリレックスとのコラボも話題になりました。

deadmau5(デッドマウス)

デッドマウスと読みます。ネズミのロゴマークが印象的なカナダ出身のDJでネズミDJとも言われるそうです。
先に紹介したデヴィッド・ゲッタを批判したりと毒舌家らしいですが、それは音楽に自信をもっているゆえに表れるんでしょう。
どちらかと言うと大人しい感じの曲が多い印象です。歌詞のない曲が多いですね。

Feed Me(フィードミー)

イギリスのロンドンで活躍するDJ。
日本ではまだあまりメジャーではないかもしれないけど、これから注目のアーティストです。早めに聞いて先取りしましょう!!スクリレックスと同じダブステップの曲調。

Martin Garrix(マーティンギャリックス)

マーティンギャリックスと言います。オランダ出身の17歳のDJ。この年齢でこんな曲が作れるとは驚きです!どこかで聞いた事があるはずです。

17歳のイケメンEDM系DJ「Martin Garrix」がすごい!!

Madeon(マデオン)

マデオンと言います。 こちらも若い19歳のフランスのDJ。 カラフルな機材を使用しているのが特徴。 DJの様子はとにかくすごい!! 音はさわやかな透明感があるサウンドです。 海外DJは若い人が多いですね!!

こんなオシャレな機材を使ってます。カッコいい。


続きはこちら→【EDM】このDJを抑えておけば大丈夫!おすすめの人気EDM系アーティスト!クラブミュージックまとめ~後編~

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.