Life Hack

これでもう困らない!私が使ってる年賀状一言添え書きの文例

そろそろ年賀状を準備しなければいけない時期がやってきましたね。

年賀状は毎年早めに準備しておこうと思っても、結局ギリギリになってしまい焦ってしまいます。

というのも会社関係の人にも出すのでどうしてもかなりの数になってしまうんですよね。

そんな年賀状ですが、私の場合は宛名と裏面はPCで印刷し、それにプラスして必ず一言手書きで添え書きするようにしてます。

数が多いのでかなり大変なんですが、ただ印刷しただけのモノよりもらう方は嬉しいはずです。自分の場合はハッキリ言って印刷だけの物をもらっても嬉しくもなんともないんですよね。

さて、そんな一言添え書きなんですが、正直何を書いたらいいのか迷ったりしますよね。

で、今回は私が実際に使っている文例を紹介します。一言添え書きの参考にどうぞ。

立場ごとの年賀状一言添え書きの文例

会社関係の人へ

もう定番中の定番です。これを抑えておけばほぼ大丈夫。

会社関係の上司へ

少し目上の人に対してはこんな感じで。感謝している気持ちとこれからもお願いしますと言う気持ちを表すようにしましょう。

いっしょに親密に仕事をした人や先輩に対しては感謝の気持ちを表す上でも具体的にプロジェクト名などを出すといいでしょう。

同僚や後輩

最も簡単に書くならこれ。

これは上司編で紹介したのと同じで具体的に感謝したい事を書きましょう。

友人

友人相手にはそんなに考えることもないと思います。気を使わずにそのまま書けばいいと思います。

私の場合だと定番のこれが多いですかね。

長い事会ってない友人の場合はこれが多いですが、結局約束が果たせてない事が多いですね…

親戚関係

1番悩ましいのがこの親戚関係。関係の深さによっても書く内容は変わってくると思います。

あまり会って無い人にはこちらの近況を報告するのがいいと思います。

  • 引越ししました
  • 子供が生まれました
  • 子供が中学生になりました

その他

こんな感じで相手を気遣う言葉を入れるのもいいと思います。ちなみに、「お身体をご自愛下さい」は重複になるので間違いです。頭痛が痛いと同じになってしまいますのでくれぐれも気をつけましょう。

まとめ

手書きを書くのは時間もかかるし面倒かもしれませんが、相手の顔を思い浮かべながら、また1年を振り返りながら書くのも悪くないと思います。

年賀状でいちばん大事なことは感謝の気持ちを表す事です。

これでもう少し字が綺麗だったらもっといいんですけどね。そこは字が少しでもマシになるように、書きやすいペンで書くようにしています。

年賀状では普通のボールペンで書くよりも、万年筆やゲルインクのボールペンがおすすめです。私はシグノのボールペンを使っています。安価で書きやすいのでおすすめです。

では、今年もあとわずかですが当ブログもよろしくお願いします!今日はこの辺で!!

こちらの記事もおすすめ

Click to Copy Title & URL

Subscribe

"The path"の更新情報をチェックできます。

Recommend

The Path
Copyright © The Path 2012-2016.